リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    2003年は据置き機はプレイステーション2が絶好調!
    ゲームキューブも数々の大作が発売されますがPS2の牙城を崩すにはほど遠い状況。

    据え置き機はPS2とキューブで発売、PS2とキューブとXBOXの3機種で発売、といったマルチタイトルが増え始めました。

    2003年は何といってもスクウェアとエニックスの合併でしょうか。
    ドラクエとFFが一つになって素晴らしいRPGが出る!と夢見てましたね。

    携帯機では2004年末にニンテンドーDSとPSPが発売され、携帯機は新たな時代の幕開けに!

    そんな2003年~2004年の注目タイトルは
    プレイステーション2
    ・ドラゴンボールZシリーズ
    ・真・三國無双シリーズ
    ・ウイニングイレブンシリーズ
    ・グランドセフトオート3
    ・天外魔境2
    ・ファイナルファンタジー10-2
    ・ドラゴンクエスト5 天空の花嫁
    ・スーパーロボット大戦シリーズ
    ・テイルズオブシリーズ
    ・桃太郎電鉄シリーズ
    ・グランツーリスモ4
    ・モンスターハンター

    この時はプレイステーション2全盛期!
    ドラクエFF無双GTAウイイレグランツーリスモスパロボ桃鉄と、任天堂系以外の大作がPS2に集まっているという時代。
    今考えると恐ろしい充実っぷりです。

    スーパーファミコン以降ヒットが無かったドラゴンボールは、PS2で発売されて再ブレイク!
    続編も次々とヒットし、ここからドラゴンボールが再び盛り上がりました。

    2003年、天外2のリメイク版とお蔵入りになっていた天外3が、PS2とゲームキューブで製作する事を発表!
    しかしゲームキューブ版は天外2のみ発売され、キューブ版天外3は中止になりPS2のみで発売に。
    天外3は2005年に発売されましたが、その出来は…。
    ゲームの発売よりこの発表が一番盛り上がった気がします。

    2004年3月モンスターハンターが発売。
    発売前の評判も中々でしたが、発売日に人気爆発で品薄に!




    そんな中こんな事も。
    ゲームソフトを予約して購入した時に付ける予約特典ですが、普通は発注数に応じてメーカーから無償で送られてきます。

    ところがとある作品が予約特典を200円の有料販売するという方法を取りました。
    予約特典を200円で仕入れるという事は、お店としては販売値段に転嫁するしかないんですが、ゲーム販売店が増えての値下げ合戦が激化していた頃でなかなか難しい状況。
    (この年の作品かその続編か、どちらかだったと思います)

    今考えてもこれはおかしい。




    ゲームキューブ
    ・ソウルキャリバー2
    ・カービィのエアライド
    ・ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル
    ・テイルズオブシンフォニア
    ・マリオカート ダブルダッシュ

    2003年がゲームキューブでサードパーティが一番盛り上がった年。
    ソウルキャリバー2はPS2、キューブ、XBOXと3機種マルチで発売され、それぞれゲストキャラが違うという試みで盛り上がりました!
    キューブ版はリンクが登場し、ハードの普及割合以上にキューブ版が売れましたね。

    そして今ではプレミアム価格となっているカービィのエアライド、マリオカートが発売され盛り上がります。

    そんな中、合併したスクウェアとエニックスが任天堂ハードでは9年ぶりのFFとなるファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルを発売。

    当時はキューブとゲームボーイアドバンスとの連動に力を入れていましたが、どれだけの人がこの連動機能を使っていたのでしょうか…。


    またゲームキューブでゲームボーイやアドバンスのソフトを使えるようにする、ゲームボーイプレイヤーが発売に。
    値段据え置きでゲームキューブ本体にゲームボーイプレイヤーを同梱したエンジョイプラスパックを発売しますが、本体の売り上げは伸びず。

    この頃から本体におまけをたくさん付ける事が多くなった気がします。
    値段据え置きとはいえ「おまけは要らないから本体を安くしてくれ」というお客さんも増えるんですよね。



    XBOXのソフトは数は少ないものの固く売れてした。
    ヘイローをはじめとして独自の洋ゲータイトルが多く、熱心なファンが多かったです。




    ゲームボーイアドバンス
    ・メイドインワリオ
    ・ファイアーエムブレムシリーズ
    ・MOTHER1+2
    ・ポケットモンスター ファイアレッド/リーフグリーン
    ・ファミコンミニシリーズ

    携帯機は完全にゲームボーイアドバンス独占状態で、数々のヒット作が出ました。

    特にファミコンミニシリーズの発売は盛り上がりましたねー!
    ファミコンミニは第一弾、二弾、三弾と発売され、各10タイトル。
    二弾が発売されると一弾のソフトは廃盤となった為、一弾のスーパーマリオブラザーズが一時期プレミア価格となるほどの人気に。

    またスクウェアが任天堂と和解しアドバンスでソフトを出し始めました。



    そして、2004年末にニンテンドーDS、プレイステーションポータブルと次世代携帯機が発売!

    発売当初は出荷台数の差もあり、PSPが極度の品薄で入荷即完売を繰り返し。
    DSは出荷が多かった事もあり品薄というほどではありませんでしたが、良く売れました。


    ここから家庭用ゲーム機が徐々に携帯機中心にシフトし始める事となります。


    続きは2005年~で!

    2001年の1月、セガは家庭用ゲーム機から撤退を発表。
    ドリームキャストの製造は3/31で中止する事を発表しました。

    セガ好きとしてはこの発表は見ていて心苦しかったです。


    2000年に発売されたプレイステーション2、ハードは売れるけどソフトは…という状態が続いていました。
    ソフト面では2001年にFF10が発売された事を機に本格始動!

    そして任天堂は2001年にゲームキューブとゲームボーイアドバンス発売。

    2002年にはマイクロソフトが家庭用ゲーム機に参入しXBOXを発売。



    そんな2001年~2002年の注目タイトルは

    プレイステーション
    ・ドラゴンクエスト4
    プレイステーション2
    ・鬼武者
    ・グランツーリスモ3
    ・ファイナルファンタジー10
    ・みんなのゴルフ3
    ・キングダムハーツ
    ・ワールドサッカーウイニングイレブン6

    プレイステーションは2へと世代交代が進みソフトは激減。

    鬼武者でプレイステーション2初の100万本を達成!
    FF10の爆発的ヒットで発売で本体もソフトも大きく伸びました!
    キングダムハーツも大ヒットし、プレイステーション2は磐石の状態に。

    2002年のFIFAワールドカップに合わせて発売したウイイレ6は、爆発的ヒット!
    この頃からサッカーゲームといえばウイイレという流れになりました。

    2001年頃には配分で入荷が厳しかったスクウェアタイトルもある程度入荷できるように。




    ドリームキャスト
    ・サクラ大戦3
    ・ファンタシースターオンラインVer.2

    ドリームキャスト本体の製造は3月で終了し、本体価格を9900円へと値下げ。
    価格も安い事もありドリームキャスト本体は人気に。
    そして本体の入荷もだんだんと無くなり、中古本体はずっと高価安定する事に。

    ソフト面でもサクラ大戦3も大ヒット!そらにサクラ大戦4が発表されたり、ソフトも長い事出続けました。




    ニンテンドウ64
    ・どうぶつの森

    64はハード末期だった為に2001年は数えるほどしかソフトが発売されてないのですが、そんな中発売されたどうぶつの森はヒット!

    64で売れそうなタイトルではなかったので初回出荷数は少なかったんですが、口コミで広がり人気に。
    再販に2ヶ月とか掛かってたので品薄が続きました。

    発売後即売り切れ → 次回入荷は2ヶ月後 → 2ヵ月後には人気が落ちてるだろうと思い少なめ発注 → 直ぐに売り切れ → 次回入荷は2ヶ月後 → 2ヵ月後には人気が落ちてるだろうと思い少なめ発注 → ループ




    ゲームキューブ
    ・ピクミン
    ・大乱闘スマッシュブラザーズDX
    ・スーパーマリオサンシャイン

    ゲームキューブは本体と同時発売ソフトが弱く、こんなスタートで大丈夫か!?という状況。
    しかしCM効果でヒットしたピクミン、更にスマブラDXの発売で大きく伸びました!

    しかしその後は大きなタイトルに恵まれず、64と同じ道を進みます。



    XBOXは同時発売タイトルは充実!
    ソフト面ではセガが頑張ってましたー。

    そしてXBOXといえばカプコンから発売された鉄騎!
    定価19800円と高額でロボットのコックピットを模した専用コントローラを同梱。
    高額なものの売れましたねー。
    今では考えられない…。




    ゲームボーイ
    ・ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
    ・ドラゴンクエストモンスターズ2
    ゲームボーイアドバンス
    ・逆転裁判シリーズ
    ・ロックマンエグゼシリーズ
    ・スーパーマリオアドバンスシリーズ
    ・パワプロクンポケットシリーズ
    ・ポケットモンスタールビー、サファイア

    ゲームボーイはゲームボーイアドバンスでも遊べるという事もあり、アドバンス発売後も有力ソフトが出ました。
    ドラゴンクエストモンスターズ2は税抜き定価6400円という強気価格にも関わらず売れました。
    実はこの価格、最近発売された3DSのリメイク版(税抜き定価5229円)より高かったりするんですよね。

    2001年の3月にゲームボーイアドバンスが発売!
    携帯機でスーパーファミコンクラスのグラフィックのゲームで遊べる!と話題。

    最初はガンガン売れたものの2001年の後半に伸び悩み。
    マリオカートやワリオランドと注目作は発売されたものの思ったより売れませんでしたね。

    しかしパワプロクンポケット、ロックマンエグゼ、ポケモンと話題作や大作が発売されて安定して売れるように。
    逆転裁判は最初売れるのかどうか半信半疑だったんですが、斬新な内容と携帯機という手軽に遊べる点もありロングセラーに!



    ワンダースワンはスクウェアタイトルを中心に頑張るものの大ヒットタイトルは出ず縮小。
    2002年にスワンクリスタルが発売されて画面クッキリ見やすくなったものの…もう少し早ければという感じでした。


    ネオジオポケットは2001年で完全に終了。
    スーパーリアル麻雀が家庭用としては数年ぶりに18禁(X指定)タイトルとして発売され、ややぎこちないものの脱衣シーンも再現。
    これがもっと早く発売されていれば流れは変わった…のかな?



    中古撲滅
    この頃で忘れてはならないのが中古裁判!

    メーカーと販売店で中古ゲームソフト裁判の是非を問う裁判が行われていました。
    ゲームソフトの裏にも「中古撲滅キャンペーン」として上のロゴが載ってましたねー。

    2002年に最高裁は中古ゲームソフト販売でメーカーの上告を棄却、中古の販売を認める判決が出ました。
    その後大手チェーン店や複合店でも中古を取り扱いを始める所が増えて、ゲームショップ戦国時代が始まります。


    この続きは2003年~で!

    1999年はプレイステーション成熟期。
    そして2000年についにプレイステーション2が発売!

    プレイステーション2は発表された時から超美麗なグラフィックで話題に!
    特に水を表現したグラフィックが凄く、キャラの美麗なリアルタイムCGも凄かった。

    それに対抗しセガもドリームキャストでそのくらいのグラフィックは出せる!とシェンムーキャラのリアルタイムCGを公開したり。


    そんな1999年~2000年の注目タイトルは


    プレイステーション
    ・ファイナルファンタジー8
    ・サガフロンティア2
    ・バイオハザード3
    ・グランツーリスモ2
    ・スーパーロボット大戦α
    ・ファイナルファンタジー9
    ・ドラゴンクエスト7

    ゲーム業界2大RPGのドラクエ、FFが揃ってプレイステーションで発売。
    特に2000年にはFF9が年7月、ドラクエ7が年8月と、一ヶ月半の差で発売されたので大盛り上がり!
    しかしその裏では小さい販売店はドラクエFFを如何にして確保するかに四苦八苦。

    この頃から新規の大ヒットタイトルが減って続編が増えてきたように思います。


    プレイステーション2は2000年3月4日に発売!
    しかし小さい販売店は発売日に本体を仕入れる事はほぼ不可能レベルで、大手ショップの盛り上がりとは裏腹に静かなもの。

    発売から数ヵ月後には普通に仕入れる事はできるようになりましたが、本体は売れるけどソフトが売れない、という状態が続いていました。




    ドリームキャスト
    ・セガラリー2
    ・シーマン~禁断のペット~
    ・ソウルキャリバー
    ・シェンムー 一章 横須賀
    ・ファンタシースターオンライン

    スタートの躓きが響きドリームキャストは低迷。
    1999年の前半には、二次問屋さんが本体もソフトも取り扱いしてたいたので仕入れることができるように。

    発売前は売れるのか?と思っていたシーマンがまさかのヒット。
    マイクコントローラが同梱されている事もあって再販に時間がかかり品薄が続きました。

    1999年末に70億円掛けたシェンムーがついに発売!
    売れたのは売れたものの大ヒット!というほどでは無かった印象。

    そして2000年末に伝説的オンラインRPGファンタシースターオンラインが発売!
    当時もっとネット環境が整っていれば、ドリームキャストの運命は変わったかもしれません。




    ニンテンドウ64
    ・大乱闘スマッシュブラザーズ
    ・マリオパーティ2

    1999年1月、初代スマブラが発売。
    発売当初はぼちぼちとした売り上げで、雑誌のレビューもあまり良いものではなかったんですが、64ならではの口コミや店頭デモの効果で超ロングセラーに!
    今では任天堂ハードの切り札的タイトルに成長しましたね。
    初代スマブラなら、サムス使わせたら今でも負けない自信がある!




    ゲームボーイ
    ・パワプロクンポケット
    ・ポケットモンスター金、銀
    ・遊戯王デュエルモンスターズシリーズ
    ・ドラゴンクエストシリーズ

    ポケモン赤緑で息を吹き返したゲームボーイは、小中学生を中心に大ヒット!
    ポケモン金銀は爆発的な売れ行きに。
    初代パワプロクンポケットもヒットしDSまで続く息の長いシリーズに。

    遊戯王はゲームもトレカも大ブレイク!
    ただシリーズを追う毎に同梱されているカードに人気が集中していきました。

    ポケモンのヒットにより、当時ゲームボーイでは2バージョン(時には3バージョン)発売されたソフトが多かったです。
    メダロット、サンリオタイムネット、王ドロボウJING、ボンバーマンMAX、携帯電獣テレファング、真・女神転生デビルチルドレンなど…。
    ただ現在もシリーズが続いてるのはメダロットくらいなんですよね。




    1999年にはゲームボーイ対抗馬の本命ワンダースワンが発売!

    この当時スクウェアと任天堂は仲が悪く絶縁状態。
    そんなスクウェアはゲームボーイではなくワンダースワンに力を入れていました。
    2000年末にはワンダースワンカラーが発売され、ファイナルファンタジーと共に品薄になるほどヒット!



    迷走していたネオジオポケットは、発売からわずか5ヵ月後の1999年3月にネオジオポケットカラーを発売。
    最初からカラーで発売していればよかったのに…と思いつつもSNKファンは購入してましたねー。

    KOFや餓狼伝説、メタスラとSNKのキラータイトルを発売し、当時の2大格ゲーメーカーカプコンとSNKのコラボソフトを発売し限定的ですが盛り上がりました!

    それでもネオジオポケットの売り上げは芳しくなく、テコ入れとしてSNKは自社流通を活かして店頭に売れ残ったネオジオポケットソフトを返品できるシステムを導入。
    「返品できるなら仕入れよう!」と仕入れを増やす事によって品切れによるチャンスロスを無くすという方法を取りました。

    しかしそれでもネオジオポケットの売り上げは思ったより伸びませんでした。



    ワンダースワンはそこそこ健闘したもののゲームボーイの牙城を崩すには至らず、携帯ゲーム機市場はPSPが発売されるまで任天堂独占という状態が続きました。


    続きは2001年~で!

    ««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


    Powered by FC2 blog