リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    前回 1/22 ハドソンの想い出話をしよう その1 に引き続き、思い出話その2です。


    今回はハドソンとNECの共同開発マシン、PCエンジンのタイトルをメインに。










    カトちゃんケンちゃん
    PCエンジン本体と一緒に購入したソフトがこれでした。
    高橋名人に操作感覚が似ているゲームで難易度も激ムズ・・・。

    発売当時、数年かけて最終面の6-4まで進んだんですが、たしか穴に落ちてワープ・・・そして1-1に戻されるという鬼!悪魔!なトラップにかかって、それ以降は封印しました。

    最終面から1面に戻されるという、これほど極悪トラップは無いと思いますが・・・。



    邪聖剣ネクロマンサー
    おどろおどろしいタイトルのRPGですね。
    世界観、音楽、グロテスクな敵、敵を倒すと血が吹き出ると内容もちょっとホラー。

    当時けっこう頑張ったんですが、異常に長いパスワード(ドラクエで言う復活の呪文)に四苦八苦。
    パスワードを間違ってメモって結局そのままでした(笑)



    R-TYPE 1 & R-TYPE 2
    当時のシューティングとしてその名を知らない物はいないほど有名なゲームです。

    攻撃&防御両用のフォースシステム、壁に反射するレーザー、溜め撃ちできる波動砲、数画面に及ぶ巨大な敵戦艦、とそれ以降のシューティングゲームに多大な影響を与えた名作ですね。
    元のアーケード版はハドソンではなくアイレムですが。

    難易度は激ムズで死んで仕掛けを覚えるゲームでした。
    R-TYPE 2の6面(たしか迷路っぽいステージで大きな箱みたいな敵が動いてくるステージ)がクリアできず断念・・。



    ファイティング・ストリート
    対戦型格闘ゲームの元祖と言われるストリートファイターの移植版で家庭用初のCD-ROMを採用したゲームだったと思います。

    ロードが頻繁にあってテンポがかなり悪いんですが、移植度的には良好だったようです。
    文字通り必殺技が必殺の威力で、波動拳1発だけで半分くらいダメージあるんですが、異常に出しにくかったのを覚えています。
    タイガーショット連発してくるサガット強すぎ!



    ネクタリス
    当時ファミコンウォーズとともに超やりこんだシミュレーションゲームです。

    月面を舞台にした内容で、運の要素を取り入れた詰め将棋のような感じです。
    これも後半が激ムズで、クリアするのにかなりの時間がかかりました。



    イース1・2
    家庭用にイースの名を知らしめた超名作ゲーム&移植です。
    バーチャルコンソールやPCエンジンアーカイブスでも発売されてるので、ぜひやってみるべし。

    今遊んでも色あせない、ストーリー・音楽・ゲームバランスです。
    PSPで発売されているイース1&2クロニクルズよりはるかに良いデキだと思います。



    ボンバーマン
    ボンバーマンに5人対戦という要素を取り入れた最初の作品で、当時は友達と熱いバトルを繰り広げました。

    当時、悪役商会が登場するビデオ持ってたんですが・・・内容もはっきり覚えておらずビデオも行方不明。
    今持ってたらレアかもしれない。
    知ってる方いますかね?



    スーパー桃太郎電鉄2
    個人的に桃太郎電鉄はこの頃が一番面白かったと思いますが。
    キングボンビー初登場、当時は凶悪でしたねねー。

    また、簡単に見れる温泉がエロかった!
    桃鉄2温泉 R指定注意!




    天外魔境2 卍MARU
    当時CD-ROM最強のキラーソフトだったソフトではないかと思います。

    当時としてはよく動いていたオープニングムービー、久石譲さんによる音楽、ゲーム冒頭の「かあちゃん!おかわり!」以降なかなか喋らない主人公など、どれをとってもすごいゲームでした。

    クリアに70~80時間かかる内容でボリュームたっぷり!



    スターパロジャー
    PCエンジンのハドソン発売のシューティングはどれも良いデキだったんですが、一番やり込んだのはこのソフト。

    パロディ要素満載ながらシューティングとして非常に良くできていて、声優も音楽も豪華、友情出演の黒ボンバーマンが素敵、隠しボーナスがエロい、とすごかったです。



    イース4 -The Dawn of Ys-
    いろんなメーカーから発売されているイース4のハドソン開発版。

    イース1・2のシステムを継承しイース4の中で一番出来が良かったと言われる作品ですね。
    音楽がすばらしく、女性キャラが可愛かった!
    PCエンジンアーカイブスで発売されるのを待ってます!



    餓狼伝説SPECIAL
    超絶的に高かったアーケードカードを買わないと遊べない、ネオジオからの移植タイトルで最もデキが良かったタイトルです。

    餓狼2やワールドヒーローズ2はネオジオCDばりにロードが長かったんですが、画面裏の読み込みを駆使してロードを大幅短縮、移植度も大幅に本体性能差があるのにすばらしかったです。

    当時アーケードカードのネオジオ移植タイトルを複数買うと、テレホンカードが貰えるキャンペーンとかやってましたねー。
    どうしてジョーヒガシのテレカを選んだのか・・・今考えても謎。



    銀河婦警伝説サファイア
    ガリバーボーイのHuビデオで、PCエンジンによる動画という限界を超えた機能を見せてくれたハドソン。
    このサファイアではPCエンジンの限界をはるかに超えた、拡大縮小回転・ポリゴン・ぶわんと切り替るモーフィングと演出がすごかったです。
    難易度もとても高かったですが・・。

    ただこの演出の凄さも同世代にしか通用せず、知り合いの若い子に見せても何が凄いのかまったく分かってない様子で、ただの古臭いゲームとしか認識してくれませんでした。

    時代を感じますね・・・。





    セガサターンまで紹介しようと思いましたが、長くなってしまったので次回に!


    関連記事

    コメント

    天外魔境2はすごかったですねぇ。
    今でも私の心のベストテン第一位だったりしますが。
    惜しむらくはこの後、天外2を超えるRPGが出なかったことでしょうか。
    サファイアはPC-ENGINEでここまでできるってのを見せつけてくれましたが、いかんせん発売が遅かったのが残念。
    他のおススメといえばゲートオブシリーズでしょうか。
    特にゲートオブサンダーはヘビーメタルなBGHをバックに敵をなぎ倒すのが爽快でしたね。

    Re:じゅんさん

    天外魔境2はゲーム史に残る名作ですよねー。
    PCエンジンだと他にハマッタRPGはエメラルドドラゴンとかになります。

    サファイアが発売された頃にはもう次世代機が出てたほど発売が遅いのと、出荷数が少なすぎてぜんぜん手に入らなかったというのもありますね。
    なんといっても知らない人が多かった・・。
    ハドソンのシューティングはあまり取り上げてませんが、ガンヘッド、ソルジャー系、ゲート・ウインズオブサンダーと一通り遊びました!
    ゲートオブサンダーはハドソンでは珍しい横シューティングでしたねー。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/749-fe79cfda
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog