リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    貰える報酬雀の涙~。
    そういえば映画化の話はどうなったんだろう。


    PS4/Vita「パワプロ2018」4/26発売で予約開始!初回特典は「歴代パワプロシリーズOPテーマセットDLC」!
    プロスピは出ないのかなー。

    ファミコンのアクションゲームで一番ムズいのって何?
    スターロ地点の城に入るのも難しいドラゴンズレアーに一票。

    今プレイしても全然いけるレトロゲー

    排泄をせないかんゲームって今までにあったか?
    レンタヒーローはトイレが本部の入り口。

    【最強】『ドラクエ1』から『ドラクエ11』の主人公が闘ったら誰が一番強いんや?

    すばせかやイースVIII、ダークソウルがSwitchで発売決定!マリオテニスやゼルダ無双、ドンキーもSwitchに!?ニンテンドーダイレクト 2018.1.11情報まとめ
    まだ情報がほとんど無いけど「SNKヒロインズ Tag Team Frenzy」が気になる。

    某ゲーム屋さんに「レトロゲーム廃棄事案」について突撃してみた
    人手不足というのはあるなー。
    今のリサイクル系ショップも、スタッフみんな詳しい訳じゃないので価値が分かっていてもそれを商品化する時間が無いとか。

    関連記事

    コメント

    ファイターズメガミックス懐かしいですね~。この当時ってVFや鉄拳のヒットで3D格闘ゲームの地位が確立されてた時期かと思いますが、個人的な印象では2D格闘ゲームと違い、3D格ゲーはセガやナムコしか出したなかった印象です。スターグラディエーターのような3Dポリゴンを使った2D格ゲーなら別ですが…。まあそんなこんなで意外に酒類の少ない3D格ゲーのコラボ、しかもたぶん業界初の3D格ゲーのコラボだったはずなんで当時は随分話題になりましたよ~。VFの陰に隠れがちでしたがファイティングバイパースも結構面白かったですからね。ロストブロンクスも。90年代の3D格ゲーは随分セガが支えてたと思います。さすが、VFの生みの会社。

    ドラゴンズレアは難易度というか操作系の問題がきついですよね。操作レスポンスが良くなるだけで体感の難易度は結構変わりそうな予感。

    なんだかんだSFC時代のスクウェアRPGやDQ5辺りは今でも全然普通に遊べると思います。まあ自分に限れば、ですけどね。ただ演出面は少し物足りなくは感じるかもしれませんね。余談ですが今は80年代のスクウェアRPGである魔界塔士サガを時間見つけて遊んでいるし、楽しめています。

    排泄に関しては確かにゲームで扱っている作品は少ないですよね。食事に関してはゲーム中での採用も珍しくなくなってきましたが…排泄を扱うゲームはすぐ思いついたのはチャイルズクエストとSFCのジョジョ3部のゲーム位でした。けど考えてみればRPGの状態異常で毒、麻痺とかはともかく、下痢や頻尿とかがあるのは嫌だなあw

    中古レトロゲームは古くなるほどそれを知る人(従業員)も少なくなるし、儲けも新作や新しめの中古ゲームに比べれば少ないでしょうし…レトロゲームは採算取りずらいんだろうなあ…とは思えます。ただ、自分としてはレトロゲーの取扱店がどんどん減るのは寂しい限りです。

    長文失礼しました。お忙しい時はお返事結構ですよ。

    いかにもヒーローソングっぽいな。
    ゲームは余り評価は良くなかったっぽいが、当時は作品の垣根を越えた物が殆ど無かった故に面白い試みではあったと思う。
    パソコンでの隠しファイルなんて殆どの人が開けなかったとは思うが。

    今回のパワプロはVR対応らしいが、出来ればこれはプロスピで来て欲しかったな。
    コナミのCMでVR研究のシーンが出てくるまで伏せられていたのだろうか?

    どの勇者がか、檜の棒がロト装備になる3じゃないのだろうか。

    NSWの発表はなかなか面白いな。
    まあWiiUで埋もれた作品の焼き直しと言っても良いぐらいではあるが、NSWで出せばこれだけ売れると言う宣伝効果に持ってこいと。
    カービィが予想より早かったが、まあゼルダ同様WiiUでもやはり研究していたのを持ってきた面もあるのだろうなと勘ぐってしまいたくはなる。
    あとダークソウルがSwitchでどう面白くなるのかは興味があるな。

    レトロゲーム廃棄は、まあゲーム話題に限らんしな。
    古い物は新しい物に置き換えられたら価値は各々の思い出だけになる。
    形を残し思いを継いで欲しくば伝え遺す行動を取らなければならない。
    戦争や原爆の記憶も同じ様な言われ方をしているし、昭和の特撮やメカブームと言う作品も現在の人からすれば新作がCGを使って作り出される中に興味を持つきっかけがなければ辿る者も少ない事だろう。
    デジタルデータに限って言えばアーカイブしてリバイブと言う道を用意しやすいとは思うがね。後はそれをどれだけ利用しやすいように裾野を広げるかだが。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2644-be985ab3
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog