リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドラマテーマBGMで強力なもう一曲。
    イントロ聞いただけですぐわかる名曲ですね。


    「三國無双8」王元姫・星彩・甄姫・曹丕など7人の新デザインを公開!王元姫カワイイ!星彩は凛々しい!
    王元姫相変わらず可愛い。

    【リメイク】PS4/Vita「聖剣伝説2」メインキャラ3人の新デザインやキャスト情報を公開!プリムの声は山本希望さん!

    ギャルゲーにありがちなこと その2
    主人公は鈍い。

    ゲームでコレは食らったらマズイと思った技

    けっこう面白かったB級格ゲーを教えて
    メガドライブのファイティングマスターズ。
    白いロボ?みたいなキャラ使ってた。

    「センスの塊かよ」と思ったゲーム

    この殺人遊具で死にかけたことある奴wwwwwww

    ドラえもん研究科のワイが作品の矛盾点や疑問に答えるで


    関連記事

    コメント

    古畑任三郎は日本のテレビドラマでもトップクラスに好きなドラマですわ。曲と作品の雰囲気がマッチしてますよね~。田村正和さん演じる古畑任三郎は非常に魅力的。この作品に関しては新キャストで新作を。と言われても自分はきっとしっくりこないでしょうね。それだけ古畑任三郎は田村正和さんお唯一無二の役ですわ。作品の筋書きも同系統ドラマの刑事コロンボより個人的には分かりやすいと感じてます。まあ古畑任三郎は刑事コロンボの日本人向けオマージュでしょうから、当然と言えば当然かもですね。

    三國無双8の新デザインはどのキャラもいい感じだと思いますよ。布面積多くなったけど、王元姫のデザインも好みです。

    ゲームで喰らったらまずい技と言えば、すぐに浮かんだのはFF4バハムートのメガフレアですなあ。カウントダウン終了までに対策を取らなければならないシチュエーション、実際対策を取らなければ即全滅のダメージですからね~。あとはKOF95の京のカウンター攻撃ですね。喰らったら弱強入れ替え七拾五式・改までセットで永久コンボ喰らって終了ですからね~。この技はローリスクハイリターンなのが恐ろしい所。

    面白かったB級格ゲー…あすか120%やアドヴァンストヴァリヴルジオとかですかね。このレベルのゲームは友達とワイワイやると楽しいです。知名度などの問題でB級に定義してますけど、ゲームとしてそう悪くなかった覚えがあります。

    センスの塊なゲームと言えば『クレイジータクシー』と『ワンダと巨像』。企画も面白いし、その企画を面白いゲームに仕上げたセンスも見事です。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    古畑はホントに楽しみな番組だったな、事件が起こるのを楽しみにしていては行けないのだがね。
    この曲が流れるたびに事件が来た謎解きが始まる何でこんなことになってしまったのか、としんみりする。
    田村正和氏はもう出たくないのだろうか、新たなハマり役を用意して作れないからシリーズは終わりなのだろうか。

    王元姫はクールキュートだな。
    外見は人形の様に可憐で居て芯のしっかりしている人の様に思う。
    まあ旦那があれじゃ反対になるのも分からいではないか。

    聖剣2は何故リメイク持ち出してきたのだろうな。
    移植版だけでは不評だったのだろうか。

    ギャルゲーにありがちなことは非凡な才能か出会ったら必ず主人公に接点が生まれることだろうな。
    学校に他の男子も沢山いるだろう?と思う。

    どこからがB級かとは思うが、スト2系、KOF出場以外SNK、3Dナムコ辺りはA級とすると。
    ワールドヒーローズ、らんま1/2、幽遊白書、ドラゴンボール超武闘伝系、ファイティングバイパーズ、スターグラディエイター、ブラッディロア、ゼロディバイド、闘神伝だろうか。

    センスの塊かはわからないが。
    ドラクエはセンスで作られているものだろうな。
    MGSもセンスで作られている。
    マリオもセンスがもたらしたものだろう。
    このクラスのソフトがセンスの塊だろうか。
    ある種のセンスと言うとセガの体感ゲーム時代のアーケード系だろうな。
    セガのセンスは早すぎて家庭用ではマニアックな物と言うのが定番だが。

    公園の遊具はどれも危ない使い方をすれば事故に繋がるとは思って遊んでいたな。
    多くは老朽化が進んだ遊具をそのまま設置していて点検が疎かになり事故、そして危険性を再考した結果あれもあるこれもあると撤去されていったな。
    共働き核家族化の大人や少子化で年上の子どもからしっかり教育されずに遊ぶことが多くなったのも、子どもが危険を体感する機会が増えたとも言えるがね。
    課金も良く分からずアプリを使う子どもの問題とかあったあれも同様だな。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2625-00af044d
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。