リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    子供の頃、この映画とこの曲で海が怖くなったなぁ。


    【オーガスト最新作】「千の刃濤、桃花染の皇姫」がPS4/Vitaで発売決定!和風ファンタジーの世界観が格好いい!
    べっかんこう先生のイラストは好きです。

    出来は良かったのに売れなかった不遇のゲーム
    トレジャーのゲーム全般。

    スーファミの思い出のソフトを語る
    ガイア幻想記は面白かったなぁ。

    なんでドラクエIIIのオルテガってぼっちだったの?

    『ペルソナ』『テイルズ』『FF』『アトリエ』『軌跡』←ここら辺の中堅RPGが好きなやつwwwwww
    FFは中堅じゃないと思うけど、ペルソナはもう中堅以上のランクだろうなー。

    『ゲーム天国 CruisinMix』ジャレコのおちゃらけシューティングが超復活!!【先出し週刊ファミ通】
    個人的好きなシューティングベスト10に入るから買わないと!

    少女マンガの最高傑作を教えてくれ
    そもそも読んだのが少ないけど、「赤ずきんチャチャ」「あおいちゃんパニック!」とか。

    関連記事

    コメント

    ジョーズは自分も子供のころ観ましたなあ。昔の映画なんで規制が緩かったのか、今の映画よりグロっぽいシーンが多かったイメージ。まあ海が血で赤く染まるだけで子供の頃は怖かったです。そろそろ夏本番で深夜の映画でもBSではリングとか放送されますが、ジョーズを放送しても怖さで十分涼が取れそうです。

    スーファミは思い出のソフトが多くてかえって語るのが難しいです。あまり知名度の高くないゲームで『グレートソード』が最強武器のARPGがあったけどタイトルなんだったけ。シナリオもそんな長くなくて、定価で買ったわりには思いの外短期間しか楽しめなかった記憶w …本当、タイトル何だったっけ?

    出来がいいけど思ったより売れないゲームとなると…出来のいいテキストアドベンチャー全般ですかね~。いや、テキストアドベンチャーとしてはもちろん売れてるんでしょうけど、このジャンル自体RPGとかに比べると売り上げの平均は高くないんですよね…。いいゲームは売れて欲しいんだけどな~。まあでも恋愛アドベンチャーもなんでもとにかく含めば、ときメモはミリオンいってるから、一応ジャンルとしては100万本売れてるソフトもあると言えるんですが…なんか話の趣旨がそれてしまいました。

    今の日本で中堅以上と感じるRPGは大抵歴史も長いシリーズものだから、ある程度の安定感や安心感はありますね。多くのソフトは一定のクオリティが保たれているというか。

    RPGといえばついに発売されたDQ11は安定のクオリティです。面白い。自分はPS4版で遊んでいますが、今作はかなり屋根の上とか登れるんですよね。その部分が3DS版の2Dモードでどう表現されてるのか興味ありますな。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    ジョーズは確かにトラウマだな。
    見つかったら即食べられる生き物印象だ。
    同様にピラニアやアリゲーター等もあったなあの頃は。
    BGM自体は不穏な様相を表す為に良くバラエティ等でも使われている故に有名だな。

    トラップガンナーやデストレーガだろうか。
    これ以降人気が出るのは一騎当千なゲームだった故に傑作ではあるがジャンルとしては末期だったのが惜しかったのではないだろうか。

    SFCのソフトはまあ協力対戦ゲームだな。
    コンパチヒーローズやドラゴンボール等原作物の一番良く友達と遊んだ時期だな。
    ゲーム屋閉店セールでABXYのみ連射付きのコントローラーを購入しスーパーボンバーマン用に3Pまでは揃えて遊んでいたな。
    ガイア幻想紀は遺跡の旅と言うのがファンタジックだった。

    オルテガは他の仲間達より前に立ち進み、傷ついた仲間などを置いていったのではないかと思っていたがね。
    そのうちオルテガ物語でも出るのだろうか。あの見た目だけはネタで終わらないで欲しいものだ。

    ペルソナ34は面白い感じはあったな。
    まあアニメで十分満たされた故にサブイベント等寄り道を楽しめなければゲームの必要性が薄くなるな。
    軌跡は閃のシリーズは魅力を感じるが何だかんだと他のシリーズキャラクター絡み等あり、プレイしていないのが気重に感じる事はあるな。

    少女漫画のどんなジャンルかにも寄るだろうか。
    低年齢層には水色時代、ミルモでポン、めちゃモテ委員長等アニメ化される相乗効果もあるだろうが夢見る系統であれ名作だろう。
    中高生の恋友情であればママレードボーイやこどものおもちゃ花より男子もまあアニメ化相互作用かね。
    恋愛をベタベタに絡めて傑作とするのか最終的に恋愛感情であることに気づいて傑作とするのか好みの問題であるとは思う。
    古いながら王道少女漫画のオススメとしては星の瞳のシルエットだな。次点ではポニーテール白書とこれらは80年代頃の傑作かと。

    そう言えばガイア幻想紀もデザインは萩尾望都と女性SF作家だったな。
    前世の記憶を扱う点で傑作と言えば僕の地球を守ってやNGライフと言う漫画もオススメだな。
    男性も読みやすいのは直接愛や恋と言うような方向性で無いのが多い、花とゆめ系ではないだろうか?

    知られざる伝説に寄ると既に魔王軍によって侵攻がスタートしており各国に影響が出ていたと考えるのが妥当の様だな。
    話の一端としては勇者サイモンが既に支配されたサマンオサの王に呼び戻され足止めをされていた。
    これを鑑みると各地にいた英雄はオルテガの元へ赴けなかった可能性もある。
    そのため一人で旅を続けることになったのだろうな。
    所でこのオルテガがギアガに落ちることになった戦いのサタンと言うのは後発のリメイクでは出ているのだろうか?

    にしても記事は何年か前の話題で有るが、既にリアルに知られざる伝説になっているかの様な雰囲気だな。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2618-e7e97bcd
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog