リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    バラエティでも使われたりする、カッコイイ曲!


    「三國無双8」劉備・曹操・孫権など6武将の新デザインを公開!貂蝉が美しすぎるので、5~7と比べてみたよ!
    個人的には6が一番。

    PS4新作「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」発売決定&PV公開!オンライン対戦も出来る本格的戦車ACT!
    ガルパンは見た事ないんだけど、戦車アクションって事で遊んでみたい。

    今の技術でレトロゲーを作り直したらどうなるの?
    レトロゲーは当時の技術だったから良かった部分もあるから、ただ古臭いだけのゲームになる可能性も。

    面白いらしいが肌に合わなかったゲーム
    音ゲーは全般に好きなんだけど、太鼓の達人だけはどうも合わない。

    ゲームで一番魅力のある悪役って誰だろ
    グラフツゥラー。

    ファミコン界30年来の謎!? 茶色い『ゾンビハンター』の正体について
    茶色のゾンビハンター見た事ないなー。

    関連記事

    コメント

    パイレーツカリビアンの曲はいいっすな~。新作映画も公開されるし、なんだかんだパイレーツカリビアンも一作目が出てからかなり長い年数が経ちますね。個人的にはそんな昔から続いてるってイメージはないんですが。ジョニー・デップさんの代表作といえばこのシリーズ、と言う人も多いんじゃないでしょうか。

    古いゲームを作り直すといっても本当にグラフィックを今風にしただけなら、画的に古さを感じにくいというだけで、ゲームの面白さという部分は昔ながらでほぼ変わらないと思います。PS1時代のゲームならロード時間が改善されるだけで楽しさが変わってくるゲームもあるかも知れませんけどね。

    今は古いゲームの最新の技術でリメイク、色々なシステムを盛り込んだりしてますが、それはやはりリメイクされた別ゲー何だと思います。それでも昔のオリジナル作品の懐かしさは感じられるし、個人的には昔のオリジナル作品と現代のリメイク作品はあまり比べないというか、重ねないで見ているようにはしています。なんだかんだそれぞれ別の作品なので。これはハードごとに発売されるマルチ作品にも言えるんですけどね。ゲーム自体は全く一緒でも、ハードの性能などの事情で微妙に変わってくる部分もあるし。結果各ハードのマルチ作品に優劣の差があっても基本的には仕方ない、と割り切っています。万が一制作側の手抜きなどがもし発覚したら、話は別ですけどね。

    シムシティとかA列車は人気があったけど自分の肌には合わなかったですね。けど友人のプレイなどを見る限りでは、よくできたゲームだとは思ってます。

    ゲームで一番魅力ある悪役…パッとすぐ浮かんだのはギース・ハワード。

    ガルパンのPS4ゲームは画面写真見ると面白そうですね。どれだけきっちり戦車を操作できるか、カメラワークはどうか、色々ありますがキャラゲーの枠にとらわれない本格的な戦車ゲーになって欲しい。戦車ゲーってそう多くないですからね~。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    海賊の荒々しさを表現するかのような威風堂々とした曲で印象に強いな。
    まあ映画は余り見ていないわけだがそれでも耳に残るのは人気がある故多用されるからかも知れんな。

    三国大将は大凡いつも変わらない安心感が良いな。
    親父様の白髪か兜かでイメージが変わるのだが今作は兜の様で若い感じかね。
    貂蝉は個人的には余り興味がない故。

    今の技術でレトロゲームを作り直したら単にドットのくっきりしたハイビジョン解像度で出力されるだけであり、別段何が変わることはない。それがレトロなゲームたる物だろう。
    見た目をリメイクしてしまったら最早レトロとは言えんからな。
    レトロ時代にあったストーリーを3Dで表現したらどうなるかはFFシリーズのリメイクが答えを出しているだろう。
    PS以降のポリゴンであればポリゴンやテクスチャのカケ等しっかりなくなりくっきり表現されること迄がレトロ状態だろうな。
    モデリングを作り直しテクスチャをリアルに表現して行ったのでどうなるかは鉄拳シリーズやらで分かるのでは無いだろうか。
    レトロで平坦な2Dの原点に立ち返った面白さが3Dながらにあるのはカービィすいこみ大作戦だな。
    2Dでは吸って吐くだけでは物足りないと感じる様になってくることはあるが、3Dではコピー能力が無くて物足りないと言うのを感じさせない程に操作の情報量がある事からの引き算かも知れんが。

    肌に合わないのは1度遊んだジャンルと同様の操作形態だろうか。
    似か寄る事の多いコマンドRPGはシリーズ物や類似のゲームに対して前評判があろうとも興味は薄れている。
    一つ一つが単純で短く隙間に遊べるソフトの方が肌に合う気はするがね。

    悪役は何だろうな。
    無難にオセロットだろうか。ゲームでは余り美学を持って悪だった印象の物をプレイしていない気もする。

    ゾンビハンターは全く知らなかったが、過去にこの様な出来事があったことを知れて面白い話だな。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2617-1fbeb545
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog