リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    心に沁みます。


    「ドラクエ11」新システム「モンスター乗り物」を公開!ドラゴンやハチなど、色んなモンスターに乗って移動できる!
    他のシリーズに良く出る乗り物はどうなるのかな。

    PS4/Vita「この素晴らしい世界に祝福を!」初回特典の縦スクドット絵シューティングのPV公開!結構面白そうw

    昔のゲーム、あなたは今でも楽しめる?
    昔楽しめたのなら今でも楽しめる。

    プロレスゲーの思い出
    マッスルボマーとかジャイアントグラムはやり込んだ。

    ゲームによく出てくるけどよく分からないもの

    漫画原作のRPGが作られないのはなぜなのか?
    SFCのスレイヤーズは面白かった。

    関連記事

    コメント

    ドラえもんの歌というと自分は昔の「あんなこといいな~できたらいいな~」の歌しか知らなかったりして…自分は幼少期にあまりドラえもん見なかったからなあ。昔のコロコロコミックの映画コミカライズは結構読んでた記憶はあるんですけど。鉄人兵団とか竜の騎士とか。今のドラえもんはOPも色々凝っているみたいですね。毎回OP曲を流すと言う訳でもないようで、EDは映画の時期だと映画の番宣を兼ねた映像を流すようです。

    DQ11のモンスター乗り物は個人的にはFFのチョコボ的な立ち位置でいいかな、とは思ってます。FF5のバハムートに黒チョコボでしか行けない様に、DQ11もモンスターでしか行けない場所はあってもいいかな。広大なフィールドや海があるなら船やラーミア的な存在で冒険したくもあります。

    昔のゲームも普通に楽しめるとは思います。けど、自分は多分子供時代よりは楽しめる昔のゲームは減ってると思いますね。具体的には、あまり好きでなくてもどうにか楽しみを見つけていたソフトとかw 昔はあまり面白くないソフトを買っても、それをしばらく遊んでいなくてはいけなかったですからね。そうホイホイ新作を買えるお金はなかった。

    プロレスゲームは友人の持ってるソフトをよく遊んでたんでタイトルも覚えていないんですが、カウントを取るレフェリーを殴ってダウンさせて、延々ダウンしている対戦相手の選手を攻撃していた記憶があります。当時からひどいことしてるなーとは思ってましたけどね。マッスルボマーはアーケードで結構遊んでいました。アストロがカッコよかったなあ。一人だけ放電みたいな超常の力使ってましたもんね。そこがよかった。マスクのデザインもかっこよかった。原哲夫先生グッジョブ!

    漫画原作のRPGの場合、完全オリジナルストーリーにできる、してる作品ならともかく、特に原作を追体験する様な物語にすると、連載中の作品をRPG化した場合、中途半端ですっきりしない終わりになる場合が多いから、漫画原作はRPG化しにくいんじゃないかな~と。実際某ドラゴンボールのゲーム作品はかなり途中の段階で物語を終わらせているはずですから。初代ガンダム辺りはそれこそ35年以上前にしっかり物語は終わってるし、原作人気も高い(漫画じゃないけど)のでRPGにできなくはないかもしれませんが、そもそもガンダムの原作作品自体がRPGに向かないという。今だったら逆輸入的な感じでDQダイの大冒険をRPGでゲーム化しても面白いとは思うんですが、物語をすでに知っていて(原作未読の人でも原作を読む、入手は難しくない)、ストーリーに新鮮味を感じにくいという問題もあるんですよね。これはダイの大冒険に限らず、完結してる漫画をRPG化した場合、大抵当てはまるんですが。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    ドラえもんは名曲も多いと聞くが実際にはOPと絵描き歌やEDの数曲な名曲しか分からないな。
    劇場版を見に行くことはまず無かった故な。

    昔のソフトはルールが単純なのが良かったな。
    今でもその程度のはふっと思い出して取り出しても遊べる。
    逆に設定や操作が深い物は何故当時遊べたのか分からない物も多い。
    個人的にはライブラリーを整理していつでも出し入れ出来る環境の方が楽しめる理由になるだろうと考えている。欲しいものだ。

    プロレスは良く分からん。
    昔の友人はよく遊んでいてな、プロレスと野球もよく遊んでいてな、割合この辺りのジャンルは影響を受けたものだ。
    まあ何が面白いのかは良く分かっていないのだが、夜中にテレビを見る習慣が出来た頃にプロレスの放送等があり、BGMにしていた事もあり何となく誰がいると言うことを掠めるような多少会話が成り立つ間柄ではあったものがきっかけだろうか。
    プレプレにあった闘魂列伝の体験版で何かハマりしばらくは遊んでいた思い出はある。
    特に技が上手いとかこちらは一切上達したりはしないのだがね。

    原作物は主人公の努力の過程とか成長を描く物であればそれを楽しめれば良いが、プレイヤーが操作ミスでやり直ししやすいものであると怠い物になってしまうこともあるからな。
    後はまあ大抵主人公一番強い設定の作品が多くそれと辛抱強く育成要素のあるRPGと言うジャンルが向いていない。
    無双が多作品で出ているようにあの手の方が向いている気がする。
    スレイヤーズであればドラグスレイブは無双乱舞の様に使えれば激しそうだ。
    では世界観だけを使ってオリジナルキャラクターで進むTRPGのリプレイは原作にならないのだろうか?
    それこそが現在まで発売されているRPGの姿形の様な気がしないでもない。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2607-438f55c5
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog