リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    サターン版は結構遊びました。


    PS Vita「ガンガンピクシーズ」第1弾PV公開!お風呂、ヨガ・衣装破壊などゲーム全体の魅力を紹介!ナイスブルマ!
    ゲームとしてちゃんと面白そう。

    PS4/Vita「NEW GAME」滝本ひふみのキャラPVを公開。ひふみんのネコ語とコスプレ可愛い!青葉とラブラブだなー
    やっぱりひふみんだなー。

    洋ゲーはもう少し真面目に女キャラをデザインしろ

    アニメゲーが売れるのの何が悪いの?
    ミラクルガールズフェスティバルはもっと売れてよかった。

    RPG「最強武器は剣です」ボク「はぁ? けど槍のほうが強いでしょ」
    ファンタシースターユニバース、ポータブルは槍が強かった。

    ニンテンドースイッチの発売日が決定!さらに驚きの機能も発表!?発表会の情報をまとめ!
    ニンテンドースイッチは任天堂ハードの集大成!だけど、4DSも出した方が良さそう
    ついに発売日発表!


    関連記事

    コメント

    ブルーシードとは懐かしい。アニメは観れなかったんですが、原作コミックは読んでました。でも原作単行本の発売時期が分からなくなって1巻か2巻位までしか読んでないんですよね。あーなんか同じ作者さんのサザンアイズが読みたくなってきましたよ。とりあえず第3部終了巻の11巻が読みたい。…確か少し前にコンビニコミック化されていたような気がするし、その時買っておけばよかったなあ。

    海外のゲームの女性キャラクターは作品にもよりますが、自分もあまり好きになれないキャラ造形がいる場合もあります。でもそういうのはお国柄ですからね~。海外の人の多くが良デザインと思っているなら、今後も変わらないし、それは仕方ないしいいと思ってます。逆に海外だって日本の女性キャラのデザインが受け入れられない国もあるかも知れないし。その辺はお互いさまでしょう。

    アニメゲーは、特に深夜アニメゲーはアニメ放送からしばらくの間、ブームが続いているうちに発売しないと売り上げに影響するだろうし、開発期間を十分に取れないなら作品の質にある程度上限を感じるのは仕方ないかな、と思ってはいます。個人的にはボリューム少なくてもいいから質を高めてほしいとも考えてますが、ボリューム重視のユーザーもいるし、その辺は難しい。ガンダムみたいな歴代作品集合的な作品(Gジェネとか)みたいな作品なら、作品の放送からしばらくの間に発売したい、みたいな制約もなく出せるんでしょうが、そういうアニメ作品は多くはなさそうなイメージ。

    ニンテンドースィッチに臨むのは、携帯ゲーム機の側面もあるのならスィッチでナンバリングのポケモンも出して欲しい。正確にはポケモンでなくてもいいんですが、スィッチの目玉ソフトをロンチ後もたくさん出して欲しいんですよね。それでスィッチが海外でも普及してもらって、携帯ゲーム機部分に触れて欲しいんですよ。その上で携帯ゲーム機というジャンルの評価…価値が海外でも上がって欲しい。

    海外で携帯ゲーム機が盛り上がってくれれば、日本の携帯ゲーム機市場も活発化に繋がると思うので。海外は据え置き機人気ですから、そういう所で携帯ゲーム機に触れてもらうにはニンテンドースィッチはいいコンセプトと思っています。もちろん、海外で携帯ゲーム機の人気に火をつけるのは、簡単ではないと思っていますけどね。それでも期待したいのです。

    …まあ後は据え置き機部分と携帯ゲーム機部分を分けて、その分価格を抑えたバージョンのニンテンドースィッチもいずれでいいんで、個人的には出して欲しい。そうなると新型携帯ゲーム機に興味がある自分には購入しやすいのですが…。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    アニメはそこそこ見ていた気がするな。
    まあ面白かったかどうかは良く覚えていないのだが、半妖怪と言うか人間の強化と言う設定に関心があった頃だったと思われる。
    基本的にアニメゲームはサターンのあのシネパックのおかげでな、と言う感じだった。

    古くはトゥームレイダーなのかね。
    あの絵柄には正直ペンギンか何かの擬人化かと思った。
    だがゲーム自体は新しい感じであったしイマジネーションで何とでもなる物かと思っている。
    むしろ現代のリアリティ表現になってからは生々しくなってゲーム感を感じないキャラクターに魅力がないかも知れん。

    アニメゲームは別に売れても問題ないのではないかね。
    個人的にはアニメの様になめらかに動画ではないイラストとBGMの紙芝居が面白いのかはわからないが。
    世界観の設定に介入できてゲーム性が楽しいと思える仕上がりのものであれば原作を活かす商品として良いとは思うがね。
    誰でもクリアに辿り着けるだけにしているゲームはただのファンディスクで良いだろう。区別をはっきりさせて売らないメーカーに文句が出ても仕方がない。

    ゲームで最強武器を剣とするのはそれだけ槍の特性を超える剣の特性が付いているからであり別に問題はない事かと。
    純粋に現実の理論を当てはめてどちらが強いかは丈の長い方だが。
    突くにしても遠く刺せるしなぎ払うにしても遠く当たる、この方がダメージになるのが早い故に。
    片手持ち両手持ちのハイブリッドとして描かれるバスタードソードと片手持ち出来そうな竹の槍で対決など質量的な打ち合いをすれば変わる訳でな。
    無双等の範囲撃破ゲームではリーチのある槍が、飛ばしていく円月輪や扇の方が強いな。


    VITAでさえ重い中、大型のタブレットで持ち歩きゲームになるのかは疑問だがまず電車の座席に座ってプレイには幅が邪魔になるだろうな。
    外国では治安の関係で携帯機が流行らないのではなかっただろうか。
    まあ日本ではながらスマホの治安が悪い訳だがね。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2588-ec6879a1
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog