リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    言わずもがなラノベ界初期の大ヒット作。
    でも後半見る機会が無かったんだよなぁ。


    PS4「キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス」3/9発売決定!まさかの6作品セット版、凄いボリュームだ!
    PS3版もお得な感じだったが、これは凄いボリューム。

    【ネプ新作】PS4「四女神オンライン」2/9発売決定!マルチプレイ対応のARPGに。ゲーム画面も多数公開!
    久々な新作って気がする。

    印象に残ってる声の出るレトロゲーム
    ファミコンウォーズの勝った時の「バンザーイ!」。

    現世代のゲームを20年後も遊んでると思う?
    まだハードが壊れていなければ遊んでると思う。
    ただDL版とか20年後も再DLできるとかないだろうし、そう考えると怖い。

    おまいらがゲームキャラを強敵と認める条件

    SEGAがハード競争に勝つにはどうすればよかったんだよ?
    個人的にナンバーワンだから問題なし、元セガの開発会社AM2には昔からお世話になってます。
    昔バーチャファイター作ってた所が、形は変われど初音ミクDIVAとか艦これアーケード作ってるんだからなぁ。




    関連記事

    コメント

    スレイヤーズは深夜アニメ初期の大ヒット作であると同時に、当時はまだ少ない方だった、いわゆるラノベ原作のアニメと言えますな。(当時ラノベ、なんて言い方はなかったような気がするけど)思えばスレイヤーズが大ヒットしたからラノベ原作作品が積極的に深夜アニメに進出したのかもしれませんね。スレイヤーズと同じ時期だと爆れつハンターとかかな。それから少ししてブギーポップやエルフを狩る者たちとかもアニメ化されたはず。そしてフルメタルパニックも。…思えば先週OPが紹介された無責任艦長タイラーも小説原作アニメだったはずでしたな。当時としては小説原作で毎週放送のアニメって珍しかったですなあ。ロードス島戦記でさえOVAだったし。90年代前半位までは原作付きアニメと言ったら、ジャンプを中心とした少年少女漫画原作が中心でしたからね~。

    すでに発売から20年経ってる伝説のオウガバトルは今でも遊びたいし、というか数年前再プレイしたし、自分としては今のゲームもプレイ可能であれば20年後でも遊びたい、遊んでるゲームはあってもおかしくないと思います。

    ゲームで強敵と認める条件。最近ではブラッドボーンDLCのルドウィークですかね~。何回挑戦しても勝てなかった…一瞬のミスが命取りだったり勝つ糸口さえ見つからなかったり。攻撃を当てるも避けるも単純にシビアな敵はやはり強敵です。ルドウィークを倒したときの達成感は、ほんと久々に味わった感覚でした。今まで負けた時の記憶が次々甦ってきて、その後大きく息を吐き出しましたよw

    セガAM2研といえばゲーム業界でポリゴンを本格的に活かした始祖、というイメージ。まあVFからついたイメージですね。ゲーム業界的にはSFCゼルダの伝説神々のトライフォースの起動時に出てくる(はず)のトライフォースがポリゴンで表現されていてVF登場より前でしたが、これがゲームの遊び部分には直接影響しなかったですからね。ポリゴンをゲームの遊びに生かしたのは、やはりAM2研が祖でしょう。VFが出た時はよく雑誌で鈴木裕さんを見かけたものです。時代の流れでポリゴンがゲームの主流になったからではあるけど、今でもAM2研はポリゴンの分野で第一線で頑張ってる。VFが世に出たのが1993年で、それからずっと。なんだか感慨深い。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    スレイヤーズは朝始まる前に出かけることになっていてな・・・学校の他の生徒は観てから来れる時間であり話題に差が出来るというもどかしさ。
    現代のように観られないかとGGのTVチューナーで頑張ってみたがワンセグのようにアナログは上手く行かない訳で。
    当時イラストの上手い同級生が居てその人が学校を辞めてまで目指した夢を叶えた様では在ると聞いたが、当時描いていたのを観たのがリナであったぐらいで作品はあまりじっくり観ていない故、呪文を詠唱できるほど詳しくはない。
    シングルCDにはOPの語りがなくて残念だったが徐々にリズムに乗って来る曲調はCDラジカセの目覚ましタイマーには最適だった。

    20年後に体が活きているかは分からんが最近20年前のエースコンバットを新鮮に楽しめている所からすると忘れた頃に楽しめるのかもしれん。
    まあ当時のシンプルなメッセージソフトであるからやり直せるのであって重厚壮大なRPGやらは余程暇でもなければ手を出しにくいがね。
    以前紹介されたハーモーニーオブシルバースターとぷよぷよBOXを見かけてつい選んだのはぷよぷよBOXだったしな。

    強敵か、基本下手プレイ故に対する全てが強敵ではあるが、一撃瞬殺の可能性があるPSOの森にいるゴリクマとかフォースなので当面怖い者だ。

    セガが家庭用とACの連携を取っていればあとどのようにマーケティングをすれば良かったかわかったのではないだろうか。
    子どもが見る時間帯にはCMがあったがお金を出せる大人の時間には少なかったりな。
    SONYが任天堂と破談になった情報を掴んでセガステーションとして舵取り仕切り直して化けて居たかも知れないしな。
    仮にSONYがスプライトはポリゴンで何とかするから設計変更はない、と舵を切ったセガステーション。
    やはり足らなくなってきた頃合いに拡張ポートまたは内部仕様拡張版セガステーションでスプライト強化とかな。
    はっきり言ってサターンはPC-FXを馬鹿に出来ん程あの時代に2D強化の方向性を取っていた故、力尽きるのは明白だった。

    時代の先を取っては完全版を任天堂にリーズナブルに出されたセガだが、恐らくPSが無くN64があの時期に発売されていればサターンの3D機能はN64に取って食われるまでの土台でありFFやDQを発売に耐える普及数、DCが自爆していなければ当初の拡張計画など長く活きられる体力は残っていた可能性もある。
    が、SONYが参入しなければマーケティングと言う重要性の変革は得られなかった様に思う故、SFCからの多くのユーザーがN64で初めて3Dの革新に触れている様な気もするな。
    個人的にはサターンの拡張RAMで32X含めたメガドライブが遊べれば面白いハードになっていた気がする。

    KHはついに遊ぶときが来たか?!と言う感じのセットだな。
    他のメーカーもこれぐらいお得になって昔のリメイクを用意してくれない物だろうか。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2575-069911db
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog