リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    心に沁みわたる名曲。


    PS4『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』公式サイトオープン&半蔵学院の6人詳細を公開!全員白いビキニでセクシー!

    「Fate/EXTELLA」全16騎の陣営紹介を公開!キャス狐がカルナで嬉しそうw サブストーリーや難易度設定の詳細も!
    キャス狐かわいいっす。

    大人向けのゲームが全然無くて困る
    そもそも大人向けゲームってなんだろう。

    みんなどうしてゲームを買わなくなったの?

    若い世代に勧めたいファミコンの無理ゲー

    PS2→PS3「やば!実写!?」、PS3→PS4「うん、まぁキレイになったね」
    個人的には、サターン→ドリキャスの時が一番驚いた。

    NEOGEOの三大名作ゲーム「餓狼伝説SP」 「NAM 1975」
    ショックトルーパーズセカンドスカッドか、ニンジャコンバット。

    電通の「ファミマガ1000冊作戦」は美談でも不正でもなかった!
    ホワイトライオン伝説は売れたのか…?

    関連記事

    コメント

    ラピュタは自分の中でもまごうことなき名作なのは間違いないです。先週金曜放送のルパン3世カリオストロの城も、風の谷のナウシカも、この頃の宮崎駿監督の作品は本当に印象深い名作揃い、自分が一番観てるジブリ作品はこの80年代頃の作品群ですね。ラピュタはこれから生まれてくる子供たちのためにも、今後もどんどん再放送、金曜ロードショーなどで放送して欲しいです。少年少女の冒険活劇では最高峰の一本だと今でも自分は思います。

    大人向けゲームといえば、単純に考えればCEROのZ指定作品や18禁ゲームと、大人しかできないゲームはたくさんあるんですけどね~。いや、このスレタイの言いたいことは何となく分かるつもりです。確かに和ゲーは主人公やメインの登場人物が10代や高くても20代くらいのキャラが多く、イラストのカッコいい、可愛いの路線も若者向け的な作品は確かに多いと思います。そういう意味では今の5~60代以上の年齢層の人、漫画アニメに抵抗のある成人の方にはとっつきにくい作品が少なく感じることもあるでしょう。もっとも、もうすぐ発売になるネオアトラスなど、今言ったような方々でも手に取ってくれそうな作品も探せばあると思うんですけどね。とりあえず見た目や雰囲気だけで言えば、洋ゲーの方がある種の大人向きのゲームが多くありそうだとは言えるかな。

    まあ大人向きとか云々に関しては、個人的にはゲームってファミレスのメニューみたいなものだと思ってます。例えばファミレスって『お子様ランチ』みたいな明確に子ども向けを意識したメニューこそありますが、逆にアルコールなどを除けば、『大人ランチ』みたいな大人向けメニューってないんですよね。普通のメニューでは、ボリュームとかに問題がなければ、味の好みに問題がなければ、大人も子供も問題なく同じメニューを食べる、と。ゲームもそれと一緒で、アンパンマンやドラえもんを題材にしたゲーム(特に足し算引き算などを題材にした知育ゲームとか)や、かつてのプレイディアのゲーム作品(たしかこのゲーム機のCMは未就学児童が出ていて子供向けをアピールしていたはず)そういう主に子育て、子供の学習目的のゲームでなければ、明確に子ども向け、大人向けとゲームは分かれていないし、分かれる必要もないんじゃないでしょうか。結局は自分が興味を持てるゲームがあるかどうか、だと思います。

    最も、なんというか舛添要一朝までファミコンみたいな、ある意味で大人が関心持ちやすそうな作品や、ゲームに偏見を持っている人、全くゲームに関心のない成人の方…そんな人達が興味を持ったり、手に取ってくれそうな作品は、個人的にはもっと出てくれてもいいとは思います。自分がそういうゲームを知らないだけかもしれないけど。

    長文失礼しました。お忙しいときはお返事結構ですよ。

    前に送ったコメントの一文『とっつきにくい作品が少なく感じることもあるでしょう』とありますが、訂正で『とっつきにくい作品が少なくないと感じることもあるでしょう』でした。普通に打ち間違えてしまいました。

    ラピュタは単発の映画とは思えないほど展開とペースの良い物語だな。
    ロボットの団体が動き出したときの恐怖もあったが。

    ゲームは元々大人向けの商品だがね。
    ストーリーややり込みやビジュアル表現力等後から追加された事柄が児童文庫な内容であったり玩具の様な扱いになってしまったが。
    次いで買われなくなった理由に繋がるが、大人はインベーダー等時間の暇つぶしにハマって行った事も有り、重厚壮大のシステムにハマった訳ではない。
    現在の通勤時間を見ればわかるが時間の隙間に行われているのはスマホアプリが殆どであり、SNSやブラウザに並ぶ隙間ゲームでも無ければ割り込みにくいだけなのであろうな。

    ゲーム機進化に驚いたのは16bitから32bit世代に移った時だろうな。
    PCゲームに関して言えばFC時代より静止画が多くて驚いた。以後、某潜水艦を狙うシューティングや殿様の野望以外は見下していた形だったがDirect3D対応辺りからビジュアルをハードウェア構成に合わせてカスタム出来るようになり一時期は家庭用の肩身を狭く感じた物だ。

    3大を個人的には餓狼伝説SPと真サムライスピリッツとワールドヒーローズ2だろうか。
    アーケードにあまり馴染みの無い故プレイ総数が限られるのでな。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2573-8d38a71c
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog