リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    当時最終面がクリア出来なかったなぁ。


    「DOAX3」PV第1弾を公開!おっぱいを押し付けるとムニュと潰れたり、重力で垂れたりするらしいぞ!やわらかエンジンSUGEEEE!
    プルプルのゆっさゆっさ!

    【ファルコム新作】「閃の軌跡3」発売決定!PS4/Vita「イース8」も2016夏発売で正式発表!
    イースは来年夏か!

    ゲームのロード中ってだいたい何してる?
    昔は攻略本読んでた。

    なんで日本なのにヨーロッパ舞台のゲームばかりなの?

    セガサターンで一番ハマったゲーム
    定番だけど、やはりバーチャファイター2かな。

    なぜPCエンジンには名作があってメガドライブにはないのか?
    PCエンジンもメガドラも名作多かった。

    死ぬほどハマったゲームボーイのソフトwwwwwww
    テトリスがダントツ、次いでサガかも。

    ★『初音ミク -Project DIVA- X』新着ゲーム情報第4回★

    【2045年問題】再びシンギュラリティについて語らせてwwww


    多忙につきコメント返信は気長にお待ちください。

    関連記事

    コメント

    妖怪道中記はクリアだけでも大変ですが、トゥルーEDを見るとなるとステージの道中の敵も倒しちゃダメですからねぇ。あれはしんどい。PCE版もですが、アーケード版でトゥルーED見た人はすごいですわ。比較的近場のゲーセンで妖怪道中記稼働してるけど、久々にちょっとやりたくなりましたw

    来年がファルコムはイースの年になりそうな予感。閃3も同じ年に出すかな~? って感じは個人的にはしてます。

    ゲームのロード中は長さにもよりますが、飲み食いしたり、チャンネル変えてテレビ観たり、対戦ゲームで友人がいればくっちゃべってますね。自分も攻略本見る場合はもちろんあります。予習復習は欠かさないw

    PCエンジンやメガドラレベルで活躍したハードなら必ずに何かしら名作ソフトはあると思いますけどね。逆にいくつか名作ソフトが出たからファンが付いて、それらのハードは活躍できた、とも言えるのでは?

    日本のゲームは中世ヨーロッパ、というより、それをベースやモチーフにした世界観が多い印象です。純粋に和ゲーでは、本当の意味で中世ヨーロッパをモチーフにしたゲームはそう多くないのでは。それを言ったら洋ゲーだって100パーセント現実の世界観を再現したゲームというと、なかなかないとは思いますが…この辺りは個人がどう認識してるかでも違ってくるかも。

    SSで一番遊んだゲームはスパロボF(完結編)。GBはサガシリーズと聖剣伝説です。はよPSVに聖剣伝説来てほしいですよ。

    ミラクルガールズフェスティバルは各所で評判が良くて何よりです。

    長文失礼しました。

    ナムコは仕掛け好きですな。
    アクションゲームでちょうかはんかとサイコロふらされるというのは工夫を凝らしていた。

    まさかの閃3。
    ファルコムの発売ペースですらクリア出来ていない1途中なのだが近年では人気RPGなのも感じられる丁寧さは良いな。

    ロード中は何をしていただろうか。
    攻略本片手の場合は読んでいた。友達同士とではお菓子食べジュース飲んでいた。
    こういうしっとりとした時間でゲームが楽しめない故になかなか捗らないのだろうな、以前と比べると。
    これはスマートフォンゲーム時代の家庭用の様相に繋がらないだろうか?

    メガドライブの名作はソニックだな。
    あれがなければ触れる事はなかったのではないかと言うソフトこそ名作で良いのではないかね。
    家庭用ゲーム機は昔から他媒体の移植の受け皿という面も考えなければならない。
    MS-DOSで発売されたソフトの移植にPCEで声がついて名作になった、等アップグレードされた名作も考えられる。

    日本の街中はアメリカ風なビルが建ち統一性のない和洋建築の家庭が多いからではないだろうか。
    ヨーロッパなどは殺風景とも言える同じような建築で街中に区画整理されている印象でモデリングを作りやすい気もする。

    サターンは店頭では初代バーチャファイター。
    ボタンでガードするのは斬新でした。三人目から進んだことないですが。

    ゲームボーイは有無を言わさずテトリスだな。
    第二次スーパーロボット大戦Gもクリアまで持って行ったぐらいは遊んだが。
    そう言えばスパロボリンクバトラーで技が4つしかないとか言われていた気もするが、第二次Gはフルスパロボで技数少ないんだが良くクリア出来た物だ。

    Re:不自さん

    妖怪道中記は最終面の難しさは有名ですからねー。
    昔、わたしは難しい、友達は簡単だと食い違いがあり、その友達にさせてみたら、友達が遊んでたのはPCエンジン版でなくファミコン版だったという事がありました。

    イースはいよいよ2016年に出そうですね。
    閃3も間に合えばって感じでしょうかー。

    ロード中はゲームによるんですが、ネオジオCDレベルだと漫画本読んでたりしましたね。
    ちょっと違いますが、シミュレーションでも敵のターンは本読んでたことも。
    でもゲームによっては敵のターンも画面見てないと状況が分からなくなる事ありますね。

    名作が無いハードは存在しない、ですよね。
    PC-FXとかバーチャルボーイでもありますよ。

    日本ではヨーロッパは中世ばかりですね。
    でも中世も実際に見た人が居ないですし、日本も昔になると実際に見た人はいないですし、何処までを再現しているか判断できないですよね。

    GBは長く遊んでたという事でテトリスですが、集中的に学校の友達も巻き込んで遊んだのはサガ1ですよー。

    ミラクルガールズフェスティバルは時間を見つけてプラチナトロフィー取れました!

    Re:AVC-M370さん

    当時は妖怪道中記みたいに、遊び心が入ったゲームは少なかったですよね。
    丁半があったり、竜宮城があったり。

    閃シリーズも安定して売れてるのも流石ファルコム。
    イースも楽しみです。

    格闘ゲームとかの読み込み時間だと、友達がいればお菓子食べてコントローラベタベタに…。
    一人だと必殺技の練習とか技表見たりとかですかね。
    今はディスクタイプでなくとも読み込みが入る、でも何かをする程の時間もなく、微妙なんですよね。

    メガドライブは、最初のセーガーの音声にビビり、スピードの驚き、MDを代表する名作ですね。
    PCエンジンもメガドライブも、アーケードやPCからの移植での名作は多かったですねー。
    よく考えると今は移植物で名作が少ない…。

    ヨーロッパは、今となってはヨーロッパ風のゲームが増えたので想像しやすいのかもしれないですね。
    建物もたしかに統一感がありますし。
    日本は、何でもありな建築物が多いですし。

    サターンは店頭だとバーチャかパンツァードラグーンがよく置いてあった気がします。
    格闘ゲームは3人目が最初の壁となるように作っているのが多いらしい。

    テトリスは定番として、2番手以降は難しいんですよね。
    リンクバトラーは普通のスパロボと少し違った作品でしたよね?
    第二次Gはファミコンの移植でしたっけ、それで完成度が高かったのかもしれないです。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2524-8e24a043
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog