リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    1999年はプレイステーション成熟期。
    そして2000年についにプレイステーション2が発売!

    プレイステーション2は発表された時から超美麗なグラフィックで話題に!
    特に水を表現したグラフィックが凄く、キャラの美麗なリアルタイムCGも凄かった。

    それに対抗しセガもドリームキャストでそのくらいのグラフィックは出せる!とシェンムーキャラのリアルタイムCGを公開したり。


    そんな1999年~2000年の注目タイトルは


    プレイステーション
    ・ファイナルファンタジー8
    ・サガフロンティア2
    ・バイオハザード3
    ・グランツーリスモ2
    ・スーパーロボット大戦α
    ・ファイナルファンタジー9
    ・ドラゴンクエスト7

    ゲーム業界2大RPGのドラクエ、FFが揃ってプレイステーションで発売。
    特に2000年にはFF9が年7月、ドラクエ7が年8月と、一ヶ月半の差で発売されたので大盛り上がり!
    しかしその裏では小さい販売店はドラクエFFを如何にして確保するかに四苦八苦。

    この頃から新規の大ヒットタイトルが減って続編が増えてきたように思います。


    プレイステーション2は2000年3月4日に発売!
    しかし小さい販売店は発売日に本体を仕入れる事はほぼ不可能レベルで、大手ショップの盛り上がりとは裏腹に静かなもの。

    発売から数ヵ月後には普通に仕入れる事はできるようになりましたが、本体は売れるけどソフトが売れない、という状態が続いていました。




    ドリームキャスト
    ・セガラリー2
    ・シーマン~禁断のペット~
    ・ソウルキャリバー
    ・シェンムー 一章 横須賀
    ・ファンタシースターオンライン

    スタートの躓きが響きドリームキャストは低迷。
    1999年の前半には、二次問屋さんが本体もソフトも取り扱いしてたいたので仕入れることができるように。

    発売前は売れるのか?と思っていたシーマンがまさかのヒット。
    マイクコントローラが同梱されている事もあって再販に時間がかかり品薄が続きました。

    1999年末に70億円掛けたシェンムーがついに発売!
    売れたのは売れたものの大ヒット!というほどでは無かった印象。

    そして2000年末に伝説的オンラインRPGファンタシースターオンラインが発売!
    当時もっとネット環境が整っていれば、ドリームキャストの運命は変わったかもしれません。




    ニンテンドウ64
    ・大乱闘スマッシュブラザーズ
    ・マリオパーティ2

    1999年1月、初代スマブラが発売。
    発売当初はぼちぼちとした売り上げで、雑誌のレビューもあまり良いものではなかったんですが、64ならではの口コミや店頭デモの効果で超ロングセラーに!
    今では任天堂ハードの切り札的タイトルに成長しましたね。
    初代スマブラなら、サムス使わせたら今でも負けない自信がある!




    ゲームボーイ
    ・パワプロクンポケット
    ・ポケットモンスター金、銀
    ・遊戯王デュエルモンスターズシリーズ
    ・ドラゴンクエストシリーズ

    ポケモン赤緑で息を吹き返したゲームボーイは、小中学生を中心に大ヒット!
    ポケモン金銀は爆発的な売れ行きに。
    初代パワプロクンポケットもヒットしDSまで続く息の長いシリーズに。

    遊戯王はゲームもトレカも大ブレイク!
    ただシリーズを追う毎に同梱されているカードに人気が集中していきました。

    ポケモンのヒットにより、当時ゲームボーイでは2バージョン(時には3バージョン)発売されたソフトが多かったです。
    メダロット、サンリオタイムネット、王ドロボウJING、ボンバーマンMAX、携帯電獣テレファング、真・女神転生デビルチルドレンなど…。
    ただ現在もシリーズが続いてるのはメダロットくらいなんですよね。




    1999年にはゲームボーイ対抗馬の本命ワンダースワンが発売!

    この当時スクウェアと任天堂は仲が悪く絶縁状態。
    そんなスクウェアはゲームボーイではなくワンダースワンに力を入れていました。
    2000年末にはワンダースワンカラーが発売され、ファイナルファンタジーと共に品薄になるほどヒット!



    迷走していたネオジオポケットは、発売からわずか5ヵ月後の1999年3月にネオジオポケットカラーを発売。
    最初からカラーで発売していればよかったのに…と思いつつもSNKファンは購入してましたねー。

    KOFや餓狼伝説、メタスラとSNKのキラータイトルを発売し、当時の2大格ゲーメーカーカプコンとSNKのコラボソフトを発売し限定的ですが盛り上がりました!

    それでもネオジオポケットの売り上げは芳しくなく、テコ入れとしてSNKは自社流通を活かして店頭に売れ残ったネオジオポケットソフトを返品できるシステムを導入。
    「返品できるなら仕入れよう!」と仕入れを増やす事によって品切れによるチャンスロスを無くすという方法を取りました。

    しかしそれでもネオジオポケットの売り上げは思ったより伸びませんでした。



    ワンダースワンはそこそこ健闘したもののゲームボーイの牙城を崩すには至らず、携帯ゲーム機市場はPSPが発売されるまで任天堂独占という状態が続きました。


    続きは2001年~で!

    関連記事

    コメント

    あったあったwシェンムー、製作費70億ww
    開発費なのか宣伝費なのかは今となっては判りませんがw
    シーマン、大ヒットしましたねぇ、当時土曜の夜に
    「ブロードキャスター」って番組やってたんですが
    そこで特集回があってちょうど見てました。次の日からまさかの問い合わせ地獄(笑

    まぁ、そんなこんなでゲームがよく売れるいい時代でしたw

    ネオジオポケットといえば販売時のキャッチフレーズだった『アイムノットボーイ 少年はいつかBOYを捨てる時が来る(確かこんな感じだったはず)』が印象に残ってます。当時大人気だった某携帯ゲーム機に向けたとも思える、過激なフレーズでしたからね~。ネオジオフリークという当時あった雑誌でこれを見たとき、随分すごいこと書いてあるな~。と単純に驚いた物です。そいやPSVがまだネクストジェネレーションポータブルと呼ばれていた頃、略すとNGPなんで一部ネット上ではネオジオポケットと呼ばれてましたねw

    …まあそんなネオジオポケットですが、当時の自分はまだネオジオCDが一応現役だったこと、格ゲーは携帯ゲーム機で遊ぶ気になれなかったこと、格ゲー自体ゲーセンでの対戦を楽しんでいたこと、色々事情があって購入はしませんでした。でもネオポケに伝説のオウガバトル外伝が出て、結局この作品だけオウガバトルサーガで唯一の未プレイ作品になってしまったんですよね…。

    長文失礼しました。

    PS2は五台は買ってしまう程に遊びまくりましたね~。初のネトゲかPS2で、BBユニット付き探すのは苦労しました!
    DCを買った当時は、まだオンラインの料金が定額使い放題ではなかった?ので、個人的にはあまり活用できなかったです。ほんの一日目を離したらシーマンがお亡くなりになったのは苦い思い出ですw
    ワンダースワンには未来を感じていたのに、すぐ終わってしまいましたね。白黒のでスパロボしたり、カラーでFFしたりしながらFF3移植版を待っていたのですが…

    太字で書いてもらえなかったワンダースワンは個人的に(本当に勝手に)盛り上がって遊んでました。
    値段も安くて本体とソフトを一緒に買っても1万円でお釣りがきたよ~な記憶が。いまじゃ考えられませんねw

    モノクロでチョコボの不思議のダンジョンや、グンペイ、魔人学園符咒封録、電車GOとかソフトもいっぱいあって流行りそうな予感はしたんですけど…当時の任天堂の携帯ゲーム機以外だと成功したのかな~とか思ったり(’’
    結局モノクロ2台、カラー2台、クリスタル1台も買ってました。なぜだろう…

    カラーは電源ボタンが壊れやすいんじゃよ(´・ω・`)

    Re:なりぞう師匠

    今考えても70億というのは使いすぎだと思います。
    それが宣伝文句にはなってましたが(笑)

    シーマンはブロードキャスターでやってたんですかー!
    トゥナイト2でやってたのは見たんですけど(笑)

    売れる売れないはもちろんありましたけど、良い時代でしたー。

    Re:不自さん

    そうそう、ネオポケの広告はそうでしたねー!
    ハード的には、ネオポケカラーは画面は綺麗で十字ボタンの操作性も良かったんですが、ソフトが携帯機向けではない格闘ばかりだったのが痛かったです。
    NGPと言えば、やっぱりネオポケですねー。

    途中からはオウガバトル、そして他社が参入してソニックやロックマンなんかも出たんですが、それでもゲームボーイの牙城を崩すには程遠かった…。
    ネオポケタイトルはこれからDLで配信も難しいかもしれませんね…。

    Re:パワー忍者さん

    PS2を5台凄い(笑)
    わたしはネトゲやってたドリキャスとキューブで3台くらいが最高でしょうか。
    BBユニット付きは出回りが少なかったですねー。

    DCの頃はまだ電話回線で、テレホーダイに入れば夜間は定額…という時代でしたね。
    シーマンはなかなか声を認識してくれなかったのが辛かった。

    ワンダースワンは個人的には白黒の時に可能性を感じてたんですけどね。
    カラーからはスクウェアタイトルとアニメ系タイトルが多くなった印象。
    FF3は結局出ませんでしたねぇ。

    Re: とーやさん

    ワンダースワンは発売日にグンペイと同時購入し、ビートマニアやテラーズの音質にビックリしたり結構遊びましたよー。
    カラーは液晶が見づらかったのが残念…スワンクリスタルは綺麗でした。
    最初は本体が5000円以下と安かったです。

    ゲームボーイはそれまでの普及とポケモンドラクエがあったのが強かったですねー。
    FFでは勝てなかった…。

    カラーは電源ボタンがスイッチではなくボタン長押し?のタイプに変わってて、中古でも電源が入らない、切れないと壊れてる事が多かったですね。

    この時代は期待が裏切られるのを感じたな。
    PS2は初の展示を見てSONYテレビでガタガタなのに次世代疑念。
    DCはネットワークの展開にPSOで盛り上がり、続けず終焉。
    WSは拡張などセガっぽく未来を感じていたがカラーで失敗。
    GBは止めを刺されるかと思いきやしつこく粘る。
    唯一ネオポケ路線だけは安定の予想だったが…。

    Re: AVC-M370さん

    PS2は最初の発表が一番凄かった感はありますね。
    その後は発売されるまで実機映像を見る機会は無かったのですが、に慣れてたせいか驚きは無かったです。

    DCはPSOで盛り上がってたんですけど、サービス内容は今考えてもグダグダだったんですよね。
    それを遥かに上回る楽しさがあったのですが。

    WSはモノクロ時代に一番未来を感じたんですが、カラーになって売れたものの普通になってしまった感じ。

    ネオポケは個人的に大好きだったので力を入れて取り扱ってましたね。
    うちではWSより遥かに売れてました(笑)

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2388-71a3b24d
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog