リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    「ゲームは二作目が名作」の法則
    大人のゲーム2ch雑談所 さん

    ゲームって大抵『2』が最高傑作だよな
    ゲームだらだら速報 さん


    ゲームでも映画でも2作目がシリーズ最高!というシリーズが多い、そんな気はしますよね?
    そんな訳で、個人的に2作目が最高!というシリーズを考えてみました。

    シリーズの半分以上遊んでいて、3作品以上出ているシリーズに限ります。




    ドラゴンクエストII
    ・ドラゴンクエスト2
    ・天外魔境2 卍MARU
    ・ルナ エターナルブルー
    まずはRPG。
    ドラクエ最高傑作は3、5と争うところですが、音楽の素晴らしさとシリーズ随一の難易度で2に。
    天外魔境とルナは間違いない所でしょう。





    大魔界村  MD 【メガドライブ】
    ・大魔界村
    ・ロックマン2
    続いてアクションゲーム。
    2本ともカプコンですが、大魔界村はステージ数、難易度なんかのバランスが一番良いと思います。
    ロックマン2はシリーズ最高難易度と言われてますが、個人的にロックマンは出来るアクションが少ない(チャージショット、スライディングが無い)初期の方が面白いと思います。





    ストリートファイター2
    ・ストリートファイター2
    ・ヴァンパイアハンター
    カプコン格ゲー2作。
    スト2は言わずもがな2D格闘ゲームの基礎を作った作品。
    ヴァンパイアハンターは3作目セイヴァーと甲乙付け難いですが、フォボスとパイロンがボスなのが好きなのでハンター!





    バーチャファイター2
    ・バーチャファイター2
    ・電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム
    セガ2作品ですが、バーチャは3以降ちょっと複雑になっちゃったので2。
    バーチャロンも初代は操作がやや物足りなく、フォースは複雑だったので。





    ぷよぷよ通(2)  MD 【メガドライブ】
    ・ぷよぷよ通
    ぷよぷよ通は相殺システムを初搭載、対戦が何熱い!
    SUN以降は余計なシステムがどんどん追加されて…。





    ・スターフォックス64
    ・マリオカート64
    ・パンツァードラグーン ツヴァイ
    ・半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!
    ・真サムライスピリッツ
    スターフォックスは64版を頂点として微妙になっていき、マリオカートは操作感覚で64版が最高。
    他にも2作目が最高!という作品は沢山。


    1作目が荒削な作品の時、2作目で絶妙な改善&進化した場合、名作になるのかもしれません!


    関連記事

    コメント

    モンスターハンターも分かりやすいですよね。
    PS2の時はオンゲーのハードルの高さもありましたが
    ポータブルは2になってからが本番、今の地位まで駆け上がっていると思います。
    でもココ最近のゲーム事情は2が軒並み下火ナンですよねぇ・・・ゴッドイーター2くらいか?

    いつも拝見させてもらってます(^^
    なんとなく2で思い浮かべると
    飛龍の拳2はすごく面白くて長い間遊んでました。
    5人のヒーロー+格闘技+必殺技とか子供心をくすぐりすぎですw
    最近?ではないですがPSPのファンタシースターポータブル2もぬるぬるあそべて楽しかったです。

    いつか出るであろう討鬼伝2とか勝手に面白そう!とか妄想してみたりしますw

    ドラクエ2の進歩は凄かったですね。前作から数ヵ月で、画像・音楽・システム等々前作を軽く凌駕するとは。海岸線が綺麗になったのに感動しました。
    ルナ2はやはりエンディング後のアレですね!発見した時はテンション上がりまくりでしたよ!

    そうですね、まず1作目は試作的みたいになりますね。2作目からそれらを改良、いわば地盤を固めた基礎を作り上げたものになりますでしょう。

    ・ゴッドイーターバースト
    初代はゲームバランスが悪く・・というかアラガミが強すぎて難易度が高すぎでしたが2作目のバーストでプレイヤーの意見が凄い反映されて遊びやすさが充実しました。
    追加要素も多く遊び応え満点です。

    ・戦国無双
    初代戦国無双は成長すると敵も強くなるという極端なバランスになっていました。ですが猛将伝でそれらが修正、他にも改良部分や追加武将などでボリュームも上がり遊びやすくなりました。
    2にいたっては多くの追加武将などで傑作と言える出来に。

    ・ポケットモンスター金・銀
    多くの新ポケモンとシステム、何より前作カントー地方も行けるようになっていてボリュームが非常に多くシリーズの中でも最高傑作と言えるのではないでしょうか。リメイク版でもそれは変わらず新たな追加要素もあって更にという感じで。

    ・ファイナルファンタジー2
    こちらは独特の成長システムと暗めなストーリーで尖った出来に、誰にでもオススメできる万人向けとは言えませんがハマれば面白いと言えるのではないでしょうか。個人的には大好きです。

    ・グランディア2
    初代が多大な評価となりましたが2は1と比べてしまうとボリュームが少なくなりストーリーも冒険から心、精神うんぬんや光と闇などと重い感じに。でも戦闘はさらに面白くなったしBGMも個人的にはこの2の通常戦闘がシリーズ最高だと思います。

    1作目でプレイヤーの感想が出たからこそ2作目はじゃあ、こうしよう、ああしようで更に光るのではないかなと思います。

    カプコンの2作目の名作率は異常だと思いますね~。いかに旧作の改善点を探して対処するのがうまいのかよく分かる。中でもモンハン辺りは、1である程度人気の下地を作ることが出来たのも大きいのかと思えます。

    まあ個人的にカプコンの1→2の化けっぷりが一番大きいと感じたのは天地を喰らうですけどね(RPG、アクション共に)。特にアクションはもう、ほんと別物になりましたからね…そもそも呂布のボスとしての順番が半端すぎるw

    VFは自分も2が一番好きですな。2までは3D格ゲーなりにシンプルさがありましたが、3以降は複雑化の一途をたどった印象です。段差は3D作品らしい、意欲的な要素ですが、ジャッキーはスイッチの影響で足(つま先?)の位置次第で闘い方が変わったり…。正直色々覚えるのが大変な作品だと思います。とはいえVFも3作目、既存ユーザーに新しい楽しさを提供するための方針としては、間違ってはいないんですよね。ある意味VFシリーズは、続編ほど複雑化する、を顕著に体現した作品な気がします。

    話が脱線してしまいました。2が一番の名作! と言うのは優柔不断な自分では判断しづらいw でもGBのサガシリーズなら世間的にも2が最も評価されているイメージはありますね。ならロマサガは…2、3両方に好きな自分には悩む所ですが、3は東方のイベントを幾つか未収録で発売された、という経緯があるらしいので、そういう側面だけみればあえて2が一番の名作、かな。ロマサガ2、3は本当に同じくらい好きなので、こんな理由をこじつけなければ甲乙付けられませんねw

    長文失礼しました。

    Re: なりぞう師匠

    モンハンもポータブルも2になってからが本人気って感じでしたねー。
    2(ドス)はその前にバージョンアップ版のGがあったので、Gを2作目とするか悩む所ですが。

    ゴッドイーターもバーストが2作目とも言えますが、バーストも2も良い感じで伸びてるので今後も期待できそう。
    他は出来は良くてもセールスは…ってのばかりですね。

    Re: とーやさん

    いつもありがとうございますー。

    飛龍の拳2時代のカルチャーブレーンは、なかなか良いゲーム作ってたんですよね。
    4つのモードが入ってる!とか、格闘大会とか、子供が好きな要素を詰めました!という感じ。
    スーパーチャイニーズも2が良かったような。

    ファンタシースターポータブル2も、ゲームシステムやオンラインとか、セガの本気を感じました。
    討鬼伝2は間違いなく出るでしょうね、1の評判が良かっただけにそれを超えるように頑張ってもらいたい!

    Re:パワー忍者さん

    ドラクエ2は、あらゆる点で前作を大きくパワーアップしてましたねー!
    画像も当時は綺麗と言われ、音楽もシリーズで1番好きです。

    海岸線は1はカクカクしてましたけど、2はちゃんと海岸というかそんな感じに。
    1から2は8ヶ月しか経ってないのに、あれだけのものを作ったのは凄い!

    ルナ2はクリア後のあのエピローグが最高ですね。
    あれは気が付かなかった人がいるんだろうなー。

    Re:月見草さん

    1作目が荒削りのような作品でも、それを上手く改良されれば名作と呼べる作品になる事がありますね。

    ゴッドイーターバーストは2かどうかという問題がありますが、2番目に出たので2作目とも言えますが、不満点をかなり解消して評判良いですよねー。

    無双シリーズも、戦国無双以外にも、三國無双や北斗無双、最近ではワンピース無双と、2作目で良くなった作品が多いですね。

    ポケモンは初代から大ヒットとなりましたが、内容的には金銀を押す人が多いですねー。
    これがカラー専用ではなく白黒ゲームボーイで出来たのは凄い。

    FFはドラクエと同じく、かなり意見が分かれる作品ですね。
    FF2は確かレベルが無く戦闘後にパラメータが上がるシステムで実験的な要素の多い作品でしたね。
    でもそれが絶妙なバランスになっりました。

    グランディアは、1ばかり目立ちますけどゲームシステムは2も1と負けないほど良いんですよね。
    ストーリーは確かに重かった。

    1の感想や評判、そして開発者の遣り残したものを詰め込んで2が名作となる感じでしょうね。

    Re:不自さん

    考えてみるとカプコンは、スト2・ヴァンパイア・モンハン・ロックマン・魔界村・カプエス、と2作目名作率が高いですねー。
    天地を喰らうは1と2で方向性が変わってますが、それが大きくプラスになってます。

    VFもストリートファイターもですが、3以降になると高度化するというか複雑化してしまうんですよね。
    バーチャの段差はゲームとしての進化は正しいんですが、やはり難しくなりすぎてるのと、こんな場所で戦うなのような感じが(笑)
    屋根の上とか、ストリートファイトなのかなーって感じですよね。

    GBのサガは1と2は甲乙付け難いですが…わたしの印象が強いのは1ですね。
    ロマサガは一般的には3の方が評判が良い…のかな?
    FFもドラクエも、この時代の作品はどれも味があって一番を選ぶのは難しい(笑)

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2303-8ccf7e8c
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog