リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    リベリオンズ

    PC版『シークレットゲーム CODE:Revise』の改訂リメイク版として、PSPで発売された『リベリオンズ Secret Game 2nd Stage』。

    そのPC逆移植版『リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION』をクリア!
    その感想を簡単に。


    以下、ネタバレ注意。

    クリアした人でないと意味は分からないと思いますが。




    リメイク元であるPC版『シークレットゲーム CODE:Revise』は、個人的には楽しめたもののシナリオが2つしかなく、物足りなさがありました。

    『リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION』はシナリオ量も倍となり、ボリューム的には大満足。



    エピソードA
    CODE:ReviseのエピソードAを元にしているシナリオですが、所々内容に変化が。
    CODE:Reviseではゲームクリアしたのがはるなのみでしたが、このリメイク版でははるなと瞳に。

    また初音が心までダークサイドに落ちてたり、修平が復讐しつつもダークサイドに落ちきれてなかったり、細部の展開が違ったり、細かいところに違いが。


    エピソードB
    CODE:ReviseのエピソードBを元にしたのかな?と思いながら始めましたが、まったく別の展開で目が離せませんでした。
    CODE:Reviseほとんど活躍の場が無かった結衣、充が目立ち、予想もしなかった黒河と玲がコンビを組んだり、司と瞳がご主人様とメイドの関係になったり。
    ラストの瞳との対決シーンも熱いです。


    エピソードC
    全員一致団結するというエピソード。
    ここで驚いたのは、結衣と黒河がくっ付くという事。

    後半、運営の介入によってセカンドステージが幕を開けます。
    運営の介入が多すぎるかな…と思う部分もあり、そのおかげで殺し合いが始まってからは一気に決着。
    でもこの展開はエピソードDへの伏線として重要です。


    エピソードD
    前作『シークレットゲーム -KILLER QUEEN-』へと繋がる正史と言うべきストーリー。
    エピソードCでは分からなかった運営側の話も入り、運営へと闘う展開に。
    前作へと繋がる一番グッドなエンディングですが、それでも半数近くが死亡するのがちょっと残念な気もしますが…展開的にこれ以上は無理だったのかもしれません。


    おまけエピソード過去編
    悠奈が前回参加したゲームの回想。
    とはいってもボリュームもそれなりにあり、



    CODE:Reviseでは出番が少なかった結衣・充のストーリーも大幅に増加し、充は初音との絡みも増えました。
    前作では単にイヤなキャラという印象だった黒河も、玲とコンビ組んだり結衣とくっ付いたり、過去の話もあり救われましたね。







    一応主人公の修平は、エピソードAではCODE:Reviseほどダークサイドに落ちきれませんでした。
    黒河や瞳を殺しませんでしたし。
    エピソードB以降は存在感が薄くなりつつも、エピソードDで成長したって感じを見せてくれました。




    琴美は今回もちゃんとヒロイン的な立ち回り。
    ただ瞳と戦う場面が無かったので、その点ではCODE:Reviseより出番が減ったかな。
    でもエピソードCとDで瞳を支えたり、修平の原動力でもあるので重要キャラですね。




    はるな

    はるなはCODE:Reviseでは「えっ妹?」と唐突な感じがしましたが、その辺りのエピソードも描写され自然な感じに。
    少し冷たい声で修平をお兄ちゃんと呼ぶのは何か良いですね。




    悠奈は後半の主人公ともいうべきキャラ。
    CODE:Reviseではあまり語られなかった過去に彰と何があったのかも描写され、おまけエピソード過去編もいろんな伏線があったりと面白かった。




    大祐はエピソードDの最後の最後だけちょっとだけかっこよかったですが…基本的に外道、同情の余地なし。




    結衣はCODE:Reviseでは存在意味があまり無いキャラでしたが、エピソードBでは真島と、CとDでは黒河とコンビを組んで救われました。
    でも結衣と黒河がコンビを組んだエピソードでは両方結衣は死んでいる訳で…。
    エピソードBで結衣と黒河が形は違えどクリアしてるだけに不憫です。




    黒河は裏主人公とも言えるほど出世。
    玲や結衣とコンビを組むのは予想してなかっただけに面白かった。
    CODE:Reviseではただの劣化手塚だったんですけどね。




    玲

    玲はCODE:Reviseでもキャラが立っていましたが、司以外にもエピソードBで黒河と組んだ事でより面白いキャラに。
    玲と彰は良い姉弟だったんだなぁ。




    司はCODE:Reviseよりもちょい影が薄くなった印象。
    CODE:Reviseでは、修平と司が組むエピソードがあったからでしょうね。
    玲以外にも瞳と組むのも面白かった。




    もやしっ子の充は大幅に出番が増えました。
    ほとんどが初音とのコンビのおかげですが、エピソードCでは電波吸収体を作る事を思いついたりもしても重要なキャラとなってます。
    ただPDAがジョーカーな割にあまり活用されず、その機能をもっと活かして欲しかったですね。




    初音

    初音はCODE:Reviseでは出番はそれなりにあるものの不憫なキャラでした。
    セカンドステージのクリア条件が他プレイヤー全員死亡だからでしょうけど…。
    今回はより内面の描写が増えた分、よりダークサイドに落ちやすいキャラになってるなという印象。
    でも死ぬだけだったCODE:Reviseと違い、充との絡みが増え救われたキャラ。




    真島はCODE:Reviseより黒河との過去のストーリーが増えてますが、出番が減ったような…。
    まり子との絡みも少し減ってる気がします。
    しかしエピソードBで黒河達と組むシーンは熱い。
    前作の高山と似たような立ち位置ですね。




    まり子は前作へと繋がる重要なキャラクター。
    ただCODE:Reviseより不憫になったか出番が減ってる気がします。
    Hシーンも無かったし。




    瞳

    戦うメイド瞳。
    CODE:Reviseでは恐ろしいキャラという印象しかありませんでしたが、今回は司と組んだり幼児化したり。
    運営側のキャラという設定が追加されてました。
    残念なのはHシーンが無くなってた事。





    エピソードDで生き残ったメンバーが成長し、前作『シークレットゲーム -KILLER QUEEN-』へと繋がります。

    CODE:Reviseと比べるとシナリオのボリュームが大幅増!
    出番が少なかったキャラの出番やストーリーも追加され、キャラがどうしてそんな行動を取ったのかという過去のエピソードも追加されて、満足の行く内容です。

    前作をまた遊びたくなってきました!




    シークレットゲーム 究極完全合体BOX【18歳未満禁止】

    関連記事

    コメント

    以前の記事でシークレットゲームを推されてたので、試しにPSP のベストを購入、今はリベリオンズPSP をプレイ中。この記事はネタバレぽいので読んでませんがw PC がないので18禁版が出来ないのが悲しいところ…

    Re: パワー忍者さん

    おお、リベリオンズに進みましたか!
    だとするとこの記事は読んではいけない(笑)

    18禁のそういうシーンは、前作シークレットゲームのPC版もですが蛇足っぽい感じもするので気にする程でもないと思いますよ。

    後半は涙腺が暴走しまくりでした。悠奈さんが素敵すぎてもう…。悠奈さんと結衣にはepDで生還してほしかったです。さて、明日から布教しますか~。他にも面白いゲームがあれば、紹介お願いします!リベリオンズの余韻でしばらく立ち直れなさそうですがw

    Re:パワー忍者さん

    エピソードDは全キャラに出番があって、泣けます。
    わたしも悠奈が一番好きですよー。
    リメイク前のCODE:Reviseでは、悠奈の出番が少なくてやきもきしてました。
    エピソードDは何人か死んで、リアルなんでしょうけど全員助かるエンドも見てみたかったですね。

    PCがあれば、結末がまったく違うCODE:ReviseのエピソードBを遊んでみるのもオススメ。
    また、PC版シークレットゲームは、分岐でかりんルートがあったり。
    そして元祖同人版キラークイーン、優希がやばいです。
    機会があれば遊んでみてくださいな。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2267-bdfdfd34
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog