リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    中古価格が落ちないゲーム=面白いゲーム なのか?

    一般的に、中古価格が落ちないゲーム=面白いゲームというイメージがあります。

    本当にそうなのか?
    という訳で、中古価格が落ちない理由を考えてみます。
    注) あくまでも、わたし個人の考えです。



    ①出回っている数(出荷数)が少ないゲーム。
    出荷数が少なく在庫がだぶついてなければ、値段は下がりづらいです。
    ただし出荷数が少なくても需要がまったく無ければ価格は下がりますのでバランスが重要。
    お店によって値段のバラつきが大きいですが、比較的高価安定しやすいです。



    ②ターゲット層が狭いゲーム。
    上の理由に近いんですが、麻雀や将棋といったテーブルゲームや幼児向けタイトル(アンパンマン等)。
    出回る数も比較的少なめで、また需要もあるのでなかなか下がりません。



    ③じわ売れ型のゲーム。
    初日から大量に売れるタイプではなく、じわじわっとロングセラーになるゲーム。
    これが最も値崩れしないパターンです。
    ぷよぷよ、太鼓の達人なんかはこのタイプと言えるでしょうか。



    ④口コミで広がったゲーム。
    これも一つ上の理由に近いですが、最初は売れなくても「面白い」と評判で広がったゲーム。
    最近では狩りゲーなんかもこのパターンで、ロングセラーになるとなかなか値崩れしなかったり。
    ただブームが去ると一気に…という恐れも。



    ⑤完全版として発売したゲーム。
    程度出たソフトに、追加要素を加えて再発売したタイプ。
    同一ハードで出る場合もあれば、ハードが変わる場合もあります。
    ただこれが出ると、旧版の価格が物凄く下がってしまいます。



    ⑥最初から価格が安いゲーム。
    当然とも言えますが、価格が安いと売っても安いと思う人が増えるのか、中古があまり出回らないので値段が落ちないです。



    ⑦複数セットのゲーム。
    シリーズが数本パックになっていたりするゲーム。
    価格的にお得で旧作のセットなんかも多く、なかなか値段が落ちません。
    ゴッドオブウォーコレクション、MOTHER1+2など。



    ⑧ハード末期のゲーム。
    ハード末期のゲームは出荷数が非常に少ないので、値段が落ちないどころかプレミアが付く可能性も高いです。
    また、比較的価格が落ちやすいスポーツゲームでも、そのハード最後だと価格が落ちなかったりしますね。



    ⑨国民的なゲーム。
    NEWスーパーマリオブラザーズシリーズ、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ、マリオカートシリーズ等のシリーズ。
    初日から沢山売れ、さらにロングセラーになりつつも中古価格は落ちないという、まさにゲーム業界を代表する国民的ゲーム。

    また、コールオブデューティシリーズなんかも値段がなかなか落ちず、FPS界国民的ゲームと言って良いかもしれません。





    この中で、ゲームが面白くないと該当しないのは ④、⑨ でしょうか。
    国民的なゲーム、口コミで売れるゲームは面白い事が必須。

    はゲーム内容が面白くないとロングセラーにならないと思われますが、子供がターゲットのゲームだと中古が出回りづらいので、内容は別としてロングセラーになる可能性もあります。
    は完全版として発売されるゲームは評判が良かったものが多い傾向です。
    そういう意味で考えると、面白い率が高いかもしれません。


    セガサターンのデスクリムゾンという、ク○ゲーという意見以外聞いたことの無いソフトがありました。
    しかし、当時のセガサターン専門誌の効果か知名度が高く、中古値段も落ちませんでした(一時期高騰してた)。


    そういう例もあるので「価格が落ちない=面白い」かどうかは、身も蓋もないですが、ゲームによるとしか言えないですね。

    面白いと感じるかは人によって違う、遊ぶ環境によっても違います。
    でも大量に売れて中古価格が落ちないゲームは、面白い確率が高いと言えそうです。

    関連記事

    コメント

    要するに需要と供給のバランスと、それとは全く別に希少度というパラメーターが存在してるわけですね
    最近だとFarcry3とマクロス30が4千円台中盤で安定してて待ちくたびれましたわ

    前回のコメントについてですが、格ゲー空耳アワーは昔の格闘ゲームでは結構ありましたよね。ファイターズヒストリー(ダイナマイトの方かな?)は結構空耳多かった気がします。主人公・レイの飛び道具であるビックトルネードが『ミス北海道』にしか聞こえなかったりw

    昔の格ゲーはマイクの集音技術も今より劣るというのもあったと思いますが、特に90年代中盤までは必殺技の技名を叫ぶのが主流だったのも原因かな、と。短い収録時間に長い必殺技名を叫べば、そりゃ早口になって聞き取りづらい場合もありますよねw

    前置きが長くなりましたが、中古価格高騰のゲーム=面白いゲームというのは、確かに側面としてはあると思います。特にアザリンさんの分類した4と9の項目は顕著な例かなあ、と。面白い、印象深いゲームほどやっぱり売らない人は多いでしょうし、結果中古価格が高くなるのは分る話ですし。

    ただ、どんなにいいゲームでも、あくまで面白いかどうかはユーザーの主観でいくらでも変わるので、中古価格が高いゲームが自分にとっても面白いかはまた別の話で…要するに中古ゲームに手を出したとして、地雷を踏んでも泣かないこと、ということでどうか一つw 特にアザリンさんも書いてありますがデスクリムゾンの様に突き抜けてネタになるゲームだからこそ、中古価格が上がる例もありますからね。世の中には『色んな意味でいいゲーム』というのがあるものですなw

    …アンパンマンがTVゲーム化していたのは今回の記事で初めて知り、正直驚きました。

    長文失礼しました。

    Re:コメント非公開の方

    あれは思い出したくないです(笑)
    新品が崩れてる場合、さらに新品が下がる可能性があるのでまた別のパターンです(笑)

    Re:名無しさん

    > 要するに需要と供給のバランスと、それとは全く別に希少度というパラメーターが存在してるわけですね
    そうですね、発売から1年2年くらいは需要と供給のバランスのみだと思いますが、何年も経ってると希少度というか希少価値が値段に反映されてきますね。

    Farcry3はジワ売れタイプ、マクロス30は需要と供給のバランスが取れてたパターンでしょうか。

    Re:不自さん

    ファイターズヒストリーは、レイ・マクドガルが主人公だったんですね(笑)
    溝口とばかり思ってました(笑)
    それはともかく、当時KOFのキングの「ベノムストライク」が「みのむしぎょらい」と聞こえて仕方がなかった。
    スト2でも、「竜巻旋風脚」が「爆裂旋風拳」と聞こえてそう思ってました(笑)
    当時は必殺技名を叫ぶキャラが多かったですねー。


    ④は中古価格が落ちないゲームの代表例ですねー。
    脳トレとかWiiFitとか、ブームによって売れるのもこのパターンになるでしょうね。
    ただブームが去ってしまうと一気に…となるのがこのパターンの怖い所。

    ⑨はどうしてこんなに売れ続けるの?という不思議な一面もあるパターン。
    時間をかけて、ゲームを作り込んで、飽きさせない内容にしただけではダメで、それプラス何かの要素が必要なんでしょうね。

    やはり面白いかどうかは人によるんですが、中古が安いと警戒されるので気にする人も多いでしょうね。
    デスクリムゾンは完全に雑誌の力だと思いますが(笑)
    今だとク○ゲーWikiなんかに載るだけで終わってしまいそうなので、あの当時のネットが無い時代の雑誌の力がよく分かります。

    アンパンマンはファミコン時代から度々ゲーム化されてますが、DSのは知育ソフトとして発売されてるので値段が落ちてないですね。

    価格高騰

    大阪の日本橋では外国人が買い漁っています。
    大陸の言葉を喋る人がPCエンジンを買って価格が高騰しています。

    こういうのはちょっと困りますね。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2155-fd889fa1
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。