リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (54)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    スーパーマリオを初めてプレーしたときの思い出
    大人のゲーム2ch雑談所 さん

    ううーん、流石に記憶が曖昧ですが....。

    たしか発売日に買ったのではなく、学校ですごい流行ってて友達の家で見せてもらい、発売から半年後くらいに買ってもらったんだったと思います。



    最初の難敵は間違いなく最初のクリボー!

    最初はBダッシュがある事なんて知るはずもなく、ゆっくり歩いていって激突!
    ジャンプで踏むと倒せるんですが、クリボーは動いてるので最初はうまく踏めないんですよねー。
    踏もうと思ってクリボーの手前に着地してそのままやられる事も多かった。

    Bダッシュも覚えて慣れてくると最初からBダッシュするんですが、それはそれでクリボーがやっかい。
    Bダッシュすると丁度クリボーの場所の真上にブロックがあるまで、ブロックに頭ぶつけて「クリボーの手前に着地→やられる」のパターン。

    今でも久々にやるとこのパターンになります(笑)



    Bダッシュでひとマス分の穴を駆け抜ける事ができるのを知って驚く。
    友達がやっててそれを知らなかったら、自慢げに教える。

    何処にスターが出るのか、何処に1UPキノコがあるのか、それを探すのも楽しかった。
    友達と「あそこに1UPキノコあるよ」といった話を聞けば学校から帰ってすぐやってみる。

    クッパはファイアボールで倒すと正体が分かるりますが、これすらも話題で「オレ○面のクッパ、ファイアマリオで倒した!正体は○○だったぜ」といった事すら自慢に。

    4-4や7-4の砦ステージは決まったルートを進まないとクッパまで行けないんですが、7-4が結構難解だったので7-4をクリアできる、という事が凄かった時期も。
    「○○君、ゲーム上手い?」「うん、上手いよ。7-4がクリアできるくらい」

    10コインブロックでたくさんコインを取ると自慢できる。
    マリオ1マス分しか入れない位置にある10コインブロックは、早く叩きすぎると逆に取れない。

    4-1や8-1のワープは大きな話題に。

    幻のワールド9があると話題に。

    ハンマーブロスが超苦手。
    特に8-3の終盤と8-4に出てくるハンマーブロスは、上にブロックも何も無い位置にいるので難しい。
    8-3の終盤のハンマーブロスは、カメの甲羅で倒せる時と倒せない時があって謎。

    ハンマーブロスは7回ジャンプすると前進してくる。
    「ハンマーブロスと名前が7文字だから7回ジャンプすると前進してくるんだよ」と当時教わったけど、よく考えると謎(笑)

    メットがウォーズマンに見える。

    image.jpeg



    きりが無いのでこのくらいにしますが、今の子供はゲームでこんな楽しみ方してるんだろうか...。
    もしかすると驚異的なペースで売れ続けているどうぶつの森なんかは、小学校でもこれと似たような現象が起きているかもしれませんね。





    関連記事

    コメント

    子供向けゲームがヒットするときは尋常じゃないくらい売れますよね。代表的なのがポケモンですねえ
    逆に子供向けを狙ってちっとも売れなかったゲームはどういう扱いになってるのか・・・考えただけで恐ろしい

    難関と言えばやっぱりハンマーブロス、ハンマーを投げてくるのでどのタイミングでかわせばいいか分からずジャンプしたタイミングを狙っても遅すぎて当たってやられることがとにかく多かった。
    8-3はハンマーブロス以外にも敵が大勢出ていてそれらをかわすだけでも精一杯なのにハンマーブロスが・・。

    ・水中面(2-2など)の地上に上がる土管の狭いスペースにハマるとタイムオーバー待つしかないという技もやりましたね。出られない恐怖がトラウマになりかけましたが・・。

    ・3-1の無限増殖に成功するとテンション上がりまくりでした。某課長如くに両手を上げて。

    マリオやポケモン、ぶつ森が売れるのは・・・何でしょうねw
    でも何かハマれる要素がある・・・からでしょうか。
    簡単、収集・・見つけようとすれば何か何かあるかと。

    売れるのは「ちゃんと作ってあるから」それだけでしょう。

    ポケモンやどうぶつの森は未プレイなので語る資格無しですが、スーパーマリオはそりゃ遊びました。
    カセットビジョン、スーパーカセットビジョンと所持していたのでファミコンを買うのは遅く、
    ディスクシステムが出てからですけど、マリオ2を買ってB面にマリオを書き込んだのが
    最初の所持したソフトでした。

    アザリンさんの仰るとおりW7(とw6)は高難易度で歯ごたえがありますが、そこで突き放さないで
    W4からのワープで難所を飛ばしてW8まで移動してクリアはさせてくれる。(これはマリオ3も同じ)
    この優しさがスーパーマリオの素晴らしいところだったと思います。
    実はマリオ1~3でW6、7をちゃんとクリアしたのはSFCのスーーパーマリオコレクションに
    なってからだったりしますw

    もちろん他に当時としては多い全32面(水中面みたいな操作感覚が変わる面もあり)、
    まだ固定画面の印象が強い時代に横スクロール、ジャンプだけで、ノコノコを蹴るだけで、
    その蹴った軌跡を見るだけで楽しいアクションゲームとしての土台がしっかりしていた、
    等がありますが。

    長くなりましたが、確かにいくらでも書けますね。スーマリのことなら。

    Re:名無しさん

    ポケモンも売れ方が桁違いですよねー。
    昔のゲームはユーザーが子供ばかりだったので、子供向け狙いしなくても子供向けになってた。

    今は子供向けだと、ほとんどが漫画アニメのゲームだったり、タイアップ予定だったり、ゲームセンターでカードゲームで流行ってたり、と狙ってますね。
    アニメがあればそれなりにはヒットしますが...。

    Re:月見草さん

    ハンマーブロスは、今だと目の前に待機して下をくぐってますね。
    当時はそ避け方が出来なかったので、前進してくるのを待ってジャンプ飛び越えでした。

    ああ、そういえば水中面だとなんかハマってたような気がします(笑)
    水中だとファイアボール以外で敵倒せないのももどかしかった。

    マリオ1では無限増殖難しかったですねー。
    ほとんど成功した記憶なっしんぐ。
    狙いすぎてそのノコノコによくやられてました(笑)

    ぶつ森が流行るのはわからないでも無いんですよねー。
    学校なんかでも流行ってるのかどうかは気になりますが。

    Re:バラザムさん

    スーパーマリオにポケモンに、最近ではぶつ森ですが、爆発的に売れるソフトは出来や作りこみが他のソフトと一段階違いますねー。
    それプラス、ブームになる何かがあるんでしょうけれど。

    マリオは今遊んでも、画面以外のアクションゲームそのものの出来は凄いです。
    ワープシステムは何時知ったのか覚えてないんですが、それなりにやり込んだ後だったような気がします。
    バラザムさんの言うとおり、3まではワープのシステムで難しい所は飛ばせる(3ではアイテムもあったりして)、というのは素晴らしいですよね。

    スーパーマリオワールド以降はセーブできるようになってこの感じは薄れてしまったんですが、やり込む隠し要素が増えていきました。

    この手の記事は書けば書くほど記憶が甦っていって、コメントでまた思い出す事も多いので楽しいです。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2034-57cdb218
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog