リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (54)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (62)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    期待の新ハード「PSVITA」


    VITAに使用するソフトは「PlayStation Vitaカード」が採用されます。

    VITAソフトはPS3やPSPソフトより、事前に予約する事が重要になるでは?と思います。







    ニンテンドーDSやニンテンドー3DSソフトは、専用のDSカード・3DSカードを採用していてます。
    DSや3DSの場合、品切れになると再生産に3~4週間はかかると言われています。
    (もう記事が残ってないようですが、過去のアルケミスト社長のブログより。また最近では閃乱カグラの再入荷に約1ヶ月かかってます。)


    発売前に品薄になる、というのが分かっていればメーカーが事前に再生産の発注?をするようで多少は早めに再販されます。
    しかし発売後に大ヒット!となると、それからの再生産となるのでかなり時間がかかってしまいます。






    「PlayStation Vitaカード」はDSと比べて生産効率がどうなのかは分かりませんが、光ディスクであるUMDよりもリピートに時間が掛かるのは間違いないでしょう。

    そして、今までのハードと一番違う所はタウンロード版が同時に出る所。
    ダウンロードは品切れという概念が無いので、店頭で買えない場合はDL版でという方がより増えそうです。

    そしてメーカーもダウンロード版があるから・・・と言うことでVitaカード版の再販を急がない、そして再販分の受注が少なければ 「再生産しない」 という可能性も考えられます。




    店頭の入荷も、以前の初回発注重視よりもリピート重視になってますので、初回からどかんと発注する店舗は少なくなっています。
    そう考えると品切れになる可能性はPSPと比べて・・・・。

    PlayStation Vitaは発売以降、目が離せないハードとなりそうですね!




    頂いたコメントを元により詳しくしました。
    【完全版】PSVITAのソフトは予約がより重要になる?

    関連記事

    コメント

    そんなことソニーもわかってるだろうから、任天堂の様に一ヶ月も掛かるなんてことにはならんと思うが

    分かり切った愚を延々と続けるのが今のゲーム産業ですからねえ

    Re:名無しさん

    再生産に時間がかかる事がわかってるからこその、DL版という事なのかもしれません。
    わかってても、フラッシュメモリである以上UMDより生産が早くなるとはなさそうなので・・・。

    Re:名無しさん

    PSP発売時と違って今はメモリが安く大容量化しているのもあり、また本体をコンパクトにするにはメモリ方式を選択せざるを得なかったのかもしれませんね。
    DL版があるので販売機会の損失は大幅に減るはずですから、売上もどうなるかですね。

    あらかじめ空のフラッシュメディアを作っておいて、
    注文があれば日本の工場で書き込んで出荷じゃないでしょうか?

    注文後台湾で製造する任天堂とは違うと思いますよ

    中堅メーカーで現在3DSやvita用のソフト開発にも関わっています。

    確かにディスク媒体みたいにプレスして作るわけではないのでUMDやDVD、BDほど高速には作れませんが、vitaの場合はフラッシュROMを採用しているため、ROMさえ潤沢に用意しておけばデータの書き込みのみですみ、再生産は結構早かったりします。

    再生産に時間がかかるのはマスクROMを採用している3DS用ソフトですね。
    こちらはソフトにあわせていちいちROMを製造する必要があり、そのせいで再生産に数週間~一ヶ月ほどかかるため、初回で買い逃すと次回までなかなか入手できないという事も稀にあると思います。(最近では3DSの閃乱カグラ -少女達の真影-などが初回分が品切れとなり、再生産に一ヶ月ほどかかったという事がありましたよね)

    ただ、メーカーとしては販売機会の損失を恐れ、3DSでは初回を多めに作るケースがほとんどでしょう。
    DSの時もそうでしたが、初回の需要を読み誤って作りすぎ、すぐに値崩れしてしまうというのも考えられます。
    DS同様3DSソフトは値崩れが結構常態化するかもしれません。

    ちなみに意外に思われるかもしれませんが、同じ容量ではvita用と3DS用ではソフトの製造コストがずいぶん違ってきたりします。
    例えば同じ4GBROMのソフトでも、フラッシュROMベースのvitaの場合、マスクROMベースの3DSより数割ほど割安な製造コストとなっています。
    マスクROMは大容量(といっても8GBとか4GB)のROMの需要がゲーム用途以外では世界的にもほとんどないため、現時点では割高となっています。組み込み用途でもそこまで容量は必要としないため、今後も劇的に値段が下がるというのはあまり期待できないでしょう。
    一方のフラッシュROMは色々な分野で需要があるため、近年は劇的に製造コストが下がっていってます。

    昔はフラッシュROMの方が同じ容量のマスクROMに比べてはるかに高いコストがかかるようになっていましたが、いつの間にかすっかり逆転してしまい、今ではマスクROMより安く製造できるようになっています。

    Re:名無しさん

    確かに海外で生産となると輸送時間だけでも1週間以上かかりそう・・ですね。
    別記事にまた書いてみたいとおもいます!

    Re:名無しさん

    大変詳しい説明、ありがとうございます!
    コメントを参考に新しく記事を書きましたー!

    フラッシュROMはSDメモリーカードの値下がりなんか見てると、すごい安くなってますよね。
    あの価格だからこそ、ゲームのメディアとして採用する事も可能になったんですね。
    大変勉強になりました!

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/1343-cf6e7441
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog