リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    IMG_3321.jpg


    先日購入したエルシャダイ、少しだけ遊んでみました。

    レビューというより、ちょっとした感想です。


    ちなみに、体験版は未プレイです。







    スタートすると、いきなり「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ問題ない」から始まり、、、、最初に敵にボコボコに・・。

    この名台詞を聞けただけでも、嬉しいのは何でしょうか。







    そして時間が巻き戻りスタート画面に。
    そんな新鮮な演出の後、再スタートするとまたあの名台詞の後「一番いいのを頼む」

    そして、攻撃方法・防御・ジャンプ・特殊操作などを覚えつつ始まります。






    世界観やキャラクターは、なんと形容していいのか・・・・とてもとても不思議な世界です。


    旧約聖書からキャラの名前が取られている事もあり、エヴァンゲリオンの使徒のような奇妙な形をした敵キャラが登場、精神世界のような謎の世界・空間を進んでいきます。

    この音楽・世界観・キャラクターは今まで味わったことの無い感じで、リアルではないですが幻想的なグラフィックは一度は経験しておいた方が良いかも。



    あの大神のスタッフが製作に関わっているというのも頷けます。



    IMG_3326.jpg







    アクション部分に関しては、あまりゲームを進めていないのですが、現時点では操作感覚はクセも無く悪くありません。

    ただカメラが固定なので、場面によっては見づらい、ジャンプアクションが難しいといった場面があります。



    また体力ゲージが無く、ダメージを受けるごとに主人公イーノックの鎧が壊れています。
    この世界観を壊さないための、一切のゲージを無くした画面構成はすばらしい。




    ゴッドオブウォーのような最高峰なアクションゲームと比べると粗が目立つかもしれませんが、その粗さえもこのゲームの持ち味と思えるほどの魅力があります。






    アマゾン
    PS3 El Shaddai ASCENSION OF THE METATRONa>
    360 El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON

    駿河屋
    PS3 エルシャダイ アセンション・オブ・ザ・メタトロン





    コメントをいただいた名無しさんの感想がすばらしかったので追記。



    エルシャダイの感想(ネタバレ無し)

    GOWⅢをクリア済みでまだエルシャダイを攻略途中ですががアクション部分に関してはエルシャダイの方がはるかに難しいですね。
    はっきり言って雰囲気やノリで買ったライトな人達が確実に投げると言わざるを得ないレベルの難易度。

    戦闘に関しては武器が豊富な分GOWⅢより戦闘が楽しいですね。
    GOWⅢのネメアのカエストス無双もあれはあれで良かったですが後は特殊攻撃がデフォでボタン1つだったらとか(操作方法はカスタムしました)三すくみシステムをゲーム中で説明して欲しかったとかムービーが飛ばせないのは何とかならなかったのかとか色々不満点はありますが今のところ楽しいです


    スポンサーサイト




    買いました!買いましたとも!




    IMG_3316.jpg



    「エルシャダイ」「大帝国」の2タイトル!
    ゴールデンウィークでお休みがあればたっぷり遊ぶんでしょうけど・・・・。



    この2タイトルよりも、まずはシークレットゲームとネプテューヌクリアしないと。
    でもエルシャダイはアクションゲームなのでちょっとだけ遊んでみようと思います。






    売れているゲームはなぜつまらないのか?
    読みゲー さん

    これは難しい問題です。



    実際には売れているゲームがつまらないのではなくて、

    「100」売れたとして、面白い「90」つまらない「10」だったとすると、
    「10000」売れても面白いの率が同じだとすれば、面白い「9000」つまらない「1000」

    つまらないの声がとても大きくなるので・・・・


    「売れているからつまらない」のではなく、「売れているからつまらないと思う人も多い」でしょうね。





    読みゲーさんの所にあるコメントで

    売れているゲームはゲーム内容や自分の好みを度外視して、
    「売れているから」「評判がいいから」という理由で手に取ることがある。
    結果自分の嗜好とのミスマッチが生まれ評価が低くなりがち。



    やっぱり「面白そうだけど遊んだことのないゲーム」と、「全然知らないけどよく売れているというゲーム」のどっちを買おうかなと考えたとすれば、やはり後者を選択する人が多いと思います。


    これは店頭で「面白いゲームない?」と聞かれた時も一緒です。
    好みは人それぞれ違うため、個人的に好きなソフトを薦めても「これつまんなかった」と言われるパターンがあります。

    なので、お店で薦める場合にはどうしても「売れているゲーム」を薦める事になります。
    これが先ほどの結果自分の嗜好とのミスマッチが生まれ評価が低くなりがちになってしまいます。








    初動で売り逃げるソフトは内容が売上に見合わないものも多いね
    逆にジワ売れしてるソフトは個人の好みもあるとは言え良く出来てるソフトが多い


    これはかなり的を射た意見だと思います。
    店頭で面白いソフトを聞かれたら「ジワ売れしているソフト」を薦めてみようと思います。






    でも結局は購入する人が決めること、ゲームを探す時は他人の意見は話半分で直感を働かせてみてはいかがでしょう?
    (つまらなくても責任は持ちません)

     | BLOG TOP |  NEXT»»


    Powered by FC2 blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。