リンク集&ゲーム屋さん


ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ

2019/07 (1)
  • 2019/04 (1)
  • 2019/02 (2)
  • 2019/01 (4)
  • 2018/12 (5)
  • 2018/11 (4)
  • 2018/10 (4)
  • 2018/09 (5)
  • 2018/08 (4)
  • 2018/07 (5)
  • 2018/06 (4)
  • 2018/05 (5)
  • 2018/04 (5)
  • 2018/03 (4)
  • 2018/02 (4)
  • 2018/01 (4)
  • 2017/12 (5)
  • 2017/11 (5)
  • 2017/10 (5)
  • 2017/09 (4)
  • 2017/08 (5)
  • 2017/07 (5)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (4)
  • 2017/04 (5)
  • 2017/03 (4)
  • 2017/02 (4)
  • 2017/01 (5)
  • 2016/12 (5)
  • 2016/11 (4)
  • 2016/10 (6)
  • 2016/09 (4)
  • 2016/08 (5)
  • 2016/07 (5)
  • 2016/06 (4)
  • 2016/05 (5)
  • 2016/04 (4)
  • 2016/03 (5)
  • 2016/02 (4)
  • 2016/01 (5)
  • 2015/12 (5)
  • 2015/11 (5)
  • 2015/10 (6)
  • 2015/09 (5)
  • 2015/08 (5)
  • 2015/07 (4)
  • 2015/06 (4)
  • 2015/05 (6)
  • 2015/04 (5)
  • 2015/03 (6)
  • 2015/02 (5)
  • 2015/01 (8)
  • 2014/12 (5)
  • 2014/11 (6)
  • 2014/10 (5)
  • 2014/09 (5)
  • 2014/08 (6)
  • 2014/07 (6)
  • 2014/06 (6)
  • 2014/05 (4)
  • 2014/04 (6)
  • 2014/03 (21)
  • 2014/02 (18)
  • 2014/01 (20)
  • 2013/12 (32)
  • 2013/11 (32)
  • 2013/10 (35)
  • 2013/09 (34)
  • 2013/08 (34)
  • 2013/07 (32)
  • 2013/06 (31)
  • 2013/05 (33)
  • 2013/04 (32)
  • 2013/03 (35)
  • 2013/02 (29)
  • 2013/01 (34)
  • 2012/12 (35)
  • 2012/11 (33)
  • 2012/10 (33)
  • 2012/09 (39)
  • 2012/08 (34)
  • 2012/07 (36)
  • 2012/06 (36)
  • 2012/05 (39)
  • 2012/04 (37)
  • 2012/03 (37)
  • 2012/02 (33)
  • 2012/01 (34)
  • 2011/12 (41)
  • 2011/11 (43)
  • 2011/10 (47)
  • 2011/09 (37)
  • 2011/08 (46)
  • 2011/07 (55)
  • 2011/06 (60)
  • 2011/05 (63)
  • 2011/04 (72)
  • 2011/03 (57)
  • 2011/02 (52)
  • 2011/01 (57)
  • 2010/12 (62)
  • 2010/11 (61)
  • 2010/10 (59)
  • 2010/09 (64)
  • 2010/08 (65)
  • 2010/07 (71)
  • 2010/06 (59)
  • 2010/05 (29)
  • 2010/04 (10)
  • 2010/03 (9)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (8)
  • 2009/12 (9)
  • 2009/11 (6)
  • 2009/10 (1)
  • 2009/09 (4)
  • 2009/08 (4)
  • 2009/07 (6)
  • 2009/06 (4)
  • 2009/05 (1)
  • 2009/04 (6)
  • 2009/03 (5)
  • 2000/01 (1)

  • ブログ内検索



    F-ZEROに続き64版のF-ZERO X。
    ロック調の音楽はすばら!


    【閃乱カグラEV】 DOAの「あやね」、一騎当千の「孫策」「関羽」「呂布」をプレイアブル配信決定!八重樫南さんの描くあやね可愛い!
    おお、どんな感じになるんだろう。

    PS Vita「艦これ改」 新スクショ4枚&ゲームの流れ解説を公開! 吹雪さん(LV1)が例に挙げられてるぞ!w
    3ヶ月延期に。ブラウザ版とだいぶ変わってきましたが艦むす絵は一緒。
    パンツが見えてる吹雪さんもそのまま!

    PS Vita「風来のシレン5 plus」 発売日が6/4に決定! ゲーム画面を収録したティザーPVも公開!
    発売日も良いので買うつもり。

    アニメ「Fate/stay night [UBW] 2nd」 番宣CMの「士郎Ver」「アーチャーVer」を公開!アーチャーのニヤッとした表情カッコイイ!

    アニメ「艦これ」 11話感想。赤城さんが完全に主人公になってる!? そして大ピンチ! いいところで終わりすぎだろ…

    アニマックスが1年間無料「アニマックス PLUS on PlayStation」アプリ配信開始。約500作品見放題

    2人プレイが思い出に残っているゲーム
    バトルシティ、バルーンファイト、アイスクライマー、ダブルドラゴンはめっちゃ遊んだ。

    レトロゲームのあの処理って一体どうやって実現してたの?
    意味はよくわからんがなんか凄い。

    10年前の人たちが思案していた、「ゲーム業界を復興させるために必要な事」
    今週の昔の人が考える10年後。

    今までにあなたが感心したゲームの演出って何?

    今では考えられない昔のゲームの常識「テレビ接続に一苦労」「ソフトは基本1万円オーバー」
    RFで難しいのは接続より設定。

    『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』エクストラデータ第14弾が配信決定! 「エクストラデータ」配信1周年を記念したキャンペーンも開催ですっ!
    エクストラデータ配信は今回で一区切りかぁ。

    【艦これ】AMAKUNI「天津風 スケールフィギュア」受注開始!2個買いオススメ【情報追加】
    これは可愛い!

    関連記事

    コメント

    Fゼロは64版は未プレイです。SFC版と比べてどうなのかな? きっと充分楽しめる作品なんでしょうね。

    二人プレイで印象に残るゲーム…自分としてもバトルシティーは鉄板ですね。エリア作りで拠点を一番硬い壁で囲んで、拠点がやられるゲームーオーバーをなしにして楽しむのは当たり前でした。バトルシティーは面白かったですがンたようなゲームはなぜか後に続かなかったですね~。あとはスレにもあったツインビー。相方のベルを撃って色が変わり、気まずくなるのはお約束。や、どうしても流れ弾が当たるは仕方ないでしょ~w ガントレットで相方が肉を食べに行く瞬間、自分の流れ弾が肉の隣の毒瓶に当たって割れ肉が毒肉に、同時に毒肉を取って相方がダメージを受けた時の気まずさも半端なかったw
    二人プレーのゲームはとにかくファイナルファイト系統のベルトアクションで盛り上がってましたね。

    PCE時代くらいまでのRF端子の接続は本当に大変でした。当時子供だっただけに尚更。SFC辺りで赤白黄の端子が出てくれて本当に良かったですよw あれで一気に接続の苦労が消えましたからね。

    戦乱カグラEVのPSV版を今日購入しました。迷ったんですがゲストであやねや一騎当千のキャラが出ると知ったのが購入の決め手。ネット上でも楽しそうに盛り上がっていたのもきっかけですね。

    長文失礼しました。

    F-ZEROはGXのみ幾らか遊んだ。
    まあ反重力ジェットコースターなゲームがやりたかっただけなのだが。
    N64でも出ていたのだな、と言う感想。

    二人プレイは真三国無双2だな。
    2pには1pからの当たり判定があってだな。
    ファミコン時代はバトルシティやアイスクライマーが鉄板か。
    SFC時代はベルトアクション系だな。SSでガーヒーが最終決定版だろうと名乗りをあげてまた出てくるわけだが。
    以降は4人プレイを目指して、さらにはオンライン化してしまった。
    おっと忘れない内にハイパーオリンピック系を挙げておこう。
    そう言えばデカスリートまでだな、このジャンルも寂しい物だ。

    昔は日本語がひらがなカタカナだった。
    自動セーブ何て無かった。
    確かツインファミコンのRFは上質だった気がする。もっともコンポジットも標準装備だったが。
    ファミコンとPCEが同じRFで使えるのだったか。何気にTVゲーム6らのともほぼ共通と言うか原理は単純故の互換性だろうな。
    TV側の銅線は見た目異常もわかるがチャンネル周波数を合わせなければならない事は意外と当時の子どもにはわからなかったらしい。

    F-ZEROの音楽はSFC版の1・2面にしか思い入れがありませんが、その二曲はいいアレンジですね!当時の自分に聴かせてやりたいw
    閃乱カグラのこういったコラボは、メーカー同士の垣根が低くなったからこそですよね。昔の任天堂・セガ・NECの時代などでは考えられなかったです。いいぞもっとやれ!
    RF端子懐かしいですね~。兄貴からファミコンを貰ったはいいですが、親に端子とアダプターを隠されて満足にゲームが出来ない日々を思い出します。テレビが複数ある家で、ゲームをしてないテレビにプレイ画像が流れるという怪奇現象に逢った事もありました。後のビデオ端子に差し込む方式のなんて楽な事かw

    Re:不自さん

    F-ZEROは64版もかなり遊びました。
    SFC版より攻撃的になってて体当たり攻撃できたり、ブーストが回数制限じゃなくて車体の耐久度を消費するタイプに変わったので、ブーストしすぎると耐久度無くなるのでその駆け引きが面白いです。

    バトルシティは拠点守りと攻めと役割分担するのが基本ですが、アイテムや1upの取り合いになったり。
    アイテム取り合いになると仲間撃って動き止めるのが基本になりますね(笑)
    ツインビーはベル撃つのもですが、勝手に分身とってバリアが出なくなったりしてもめたりとか。

    RF端子の接続は接続はともかくチャンネル設定が意味不明でした。
    1チャンネル?2チャンネル?とか。

    カグラはわたしはPS4版買いましたが、まだ超序盤。
    あやねと一騎当千キャラは配信されたら購入検討したいですねー。

    Re:AVC-M370さん

    F-ZEROはXまではかなり遊びましたが、GX以降は軽く触った程度に。
    あの頃のキューブはPSO専用マシン化してたので…。

    真三国無双2は2Pプレイやったこと無いですねー。
    ガーヒーは2Pストーリーは接待ゲームとしても使えて、複数人集まれば対戦と万能。

    ハイパーオリンピックはそこそこでしたが、デカスリートはすごい遊びましたよ。
    ウインターヒートも面白かったなぁ。

    昔はひらがなカタカナ、もしくはカタカナオンリーですごい読み辛かった。
    ツインファミコンはコンポジで接続したのでRFは覚えてないですなぁ。
    PCEとファミコンはRF一緒で、PCエンジンのRFの付け方分からねーと思いつつファミコンの繋いだらそのまま使えた落ちでした。
    チャンネル周波数は難解ですが、もうこれからチャンネル設定とかする事も無いんでしょうねぇ。

    Re:パワー忍者さん

    F-ZEROXはロック調のアレンジ良いですよね。

    カグラのコラボみたいに、他社や他作品とのコラボはDLCでも歓迎。
    そういえば、コラボが出てきはじめたのは何時くらいだったかなぁ。

    そうそうRFはチャンネル設定合ってると違うテレビに映ったりするんですよね。
    小さい頃、アパート2階に住んでたんですが、1階の人から「昨日○○やってたでしょ?下のTVにも映ってたよ、上手いねー」てな感じの事言われてびっくりしましたね(笑)

    ウィンターヒートは長野五輪を見ながら友達とプレイしたものだ。
    ちなみに当時こちらはハイパースポーツしか持っていなかった故にクレー射的にあのパッドを使っていた。
    今にして思うと何気に音ゲーのボタンみたいだな、右左、右右右、左、右。

    ひらがなカタカナは同音異義語など一見理解しづらいが単語を悩まず読めると言う点では評価出来る。
    最近は当て字の様に漢字の後にカッコ書きで言葉の説明等、回りくどいとも言えるしな。

    アパート等共同アンテナの場合、根元に近い所から経由していく故に遠くなれば周波数を合わせれば見られると言う事だな。
    これも家庭でテレビの映りが悪くなるビデオが録画出来ないと言われていた要因だったか。
    当時のRFは入力端子が他に存在していなかったが故の手段であり、後にはテレビに最低限付属しているコンポジットの割合増加の時点で淘汰されたと。
    まあコンポジットの方がRFより簡単でテレビ視聴に影響を与えない為当然と言えばだがね。
    管理人氏の様な見られ方はゲーム屋等マルチスクリーン代わりに利用していた所も合った気がする。

    Re:AVC-M370さん

    ウインターヒートで初めて知ったエアリアルとか、競技があって面白かったですね。
    ハイパーショットはボタン2個しか無いがゆえに、連打するだけ以外にも音ゲーみたいな押し方要求されるのでしょう。

    ひらがなカタカナのみだからこそ生まれた台詞とか言葉ありますね。
    せつなさみだれうち、みたいな。
    最近は当て字や略語を詰め込まれるので、そういう意味では分かり辛いか。

    そうですね、共用アンテナでチャンネル周波数がたまたま合ってたから見れたんですね。
    ビデオの写りもRFスイッチ経由すればその分ノイズは増えますから、悪くはなりますよね。
    コンポジットが出てからは接続が簡単で難しい事が無くなった…と思いきやHDMIが登場してまた分からなくなる人多数。
    PS4のようにHDMIのみなら良いですが、PS3のようにコンポジHDMI両方あると、映らないと言われ見てみると本体設定やTV設定が合ってなかったり。

    RFの原理だと、RFをTV同士で繋げればマルチスクリーンできますねー。

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    件のトラックバック

    トラックバックURL
    https://azalyn.blog.fc2.com/tb.php/2476-27485279
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

     | BLOG TOP | 


    Powered by FC2 blog